掃除機が評判のMooSooってどんなブランド?

MooSooの会社所在地

みなさん、こんにちは。

 

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

 

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

 

今回は掃除機などを中心に販売をしている「MooSoo」(読み方はモーソー)について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MooSooの会社概要

企業名:深圳市极摩科技有限公司

所在地:深圳市龙岗区平湖街道华南城环球物流中心1623-1625号

設立:2014年12月30日

代表:王晓峰

資本金:50万元

ブランドホームページ:なし

問い合わせ先 

メール:273327214@qq.com

Amazon正規販売店:LeKa Direct

従業員50人以下の深センの中小企業

MooSoo掃除機などを中心に扱っている中国のブランドです。

中国深センにある深圳市极摩科技有限公司が商標を保有し、MooSooの商品の販売をしています。

同社は資本金50万元(約830万円)従業員数50人以下の中小企業です。

 

企業情報サイト(企查查)によると、同社は深セン市内で3回移転したことがわかります。

 

2019年2月1日に現在の場所に移転し、25階建てビルの16階にある3部屋をオフィスとして使用しています。(2019年3月現在)

 

このビルは高速道路が近く交通の便利な場所にあり、また不動産情報サイト(秒租)で1か月の賃料を調べたところ200㎡で最低13,000元(約22万円)することがわかりました。

 

最低でもこの金額であり、しかも一般的に高層になればなるほど賃料が高くなりますので、同社が毎月支払う賃料はさらに高額と思われます。

 

従業員が50人以下と規模の大きくない中小企業ですが、移転後は高層ビルの高賃料の事務室を使用しており、経営が好調な様子がうかがえます。

MooSooの会社所在地                           出典:https://map.baidu.com

2017年に業務内容を大幅に変革

 

同社は元々は衣服・皮革製品などの製造・販売を行っていましたが、2017年10月に業務内容を電子タバコ、工具、計量器などの製造・販売に変更しました。

 

また同時にオフィスの移転、社名の変更行いました。(旧社名:深圳市美斯唯斯服饰有限公司)

 

2017年10月に業務内容変更、社名変更、オフィス移転と会社にとって非常に大きな変革があったことがわかります。

 

日本アマゾン担当社員を積極的に募集

求人情報サイト(智联招聘)によると同社は日本アマゾンの販売担当・サイト運営担当など日本アマゾン関係業務の社員を積極的に募集しており、求人条件を見てみると、日本語能力検定1級取得者や日本への留学者優遇などレベルの高い人材を求めていることがわかりました。

 

また同社はアマゾンだけでなく楽天担当の社員も募集しています。

 

日本語ができる人災を積極的に採用していることなどから考えると、同社の日本での販売に力を入れていきたい気持ちが伺えます。

 

スポンサーリンク

MooSooの商品レビュー・評価まとめ

これまではMooSooを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品の評判を見ていきたいと思います。

 

アメリカのAmazonでのレビューも引き合いに出しながら、紹介していきます。

MooSoo コードレス掃除機X8改

日本では57件のレビューがあり、全体平均は★4.4、★1と★2の合計は9%と高い評価でした。(2019年3月10日現在)


「吸引力が強い」「音が小さい」「デザインがよい」ことなどが人気のコードレス掃除機です。


低評価のレビューには「購入後数日でヘッドのローラーが回らなくなった」「壁際のごみの吸引が悪い」「ダストボックスの蓋が閉めにくい」等のコメントがありました。

 

Amazonアメリカでは226件のレビューがあり、全体平均は★4.3、★1と★2の合計は8%と日本同様高評価でした。(2019年3月10日現在)


不満な点として「吸うときの音が大きい」「2週間で使えなくなった」などが挙げられていましたが、コスパのよさ、軽さなどが評価されていました。


なお、当商品に初期不良があった場合は返金または新品との交換が可能であり、18か月間の製品保証も付いています。

MooSoo 超強吸引力 コードレス掃除機

日本では74件のレビューがあり、全体平均は★4.3、★1と★2の合計は14%と比較的高評価でした。(2019年3月10日現在)


「軽くて持ち運びしゃすい」「ゴミ捨てがワンタッチで簡単」「フィルターが水洗いできてよい」ことなどが人気のコードレス掃除機です。


低評価のレビューには「電源を切った後、ごみを吐き出してしまった」「使って1か月で壊れてしまった」等の初期不良と思われるコメントがありました。


Amazonアメリカでのレビューは179件あり、全体平均は★4.3、★1と★2の合計は10%と日本同様こちらも比較的高評価でした。(2019年3月10日現在)


不満な点として「カーペットで使えなかった」「排気のにおいがある」ことなどが挙げられていたが、日本同様に軽くて使いやすいことは評価されていました。


なお、日本の商品には製品保証期間についての記載がないため、不具合があった場合の対応に不安が残ります。

MooSooのおすすめ度(5段階中)

★★★★☆(4/5)

今回は「MooSoo」を調べてみましたが、中国深センに本拠地を置く、掃除機等の販売に力を入れる中小企業という印象です。

2019年2月にオフィスを移転した後、高層ビルの高賃料の部屋を使用していることから業績が好調なことがうかがえます


また、MooSooは2018年10月に日本で商標登録されたばかりですが、日本アマゾンの担当社員を積極的に募集するなど、日本での販売に力を入れているとなども評価できます。

 

さらに、同社の商品は日本・アメリカともに比較的高評価なのもプラス点です。


上記の内容から判断し、★4としました。

 

同じようなコードレス掃除機の中華ブランドとして、同等の★4評価をつけた下記ブランドも比較してみると良いかもしれません。

コードレス掃除機で最近よく見るDibeaって?評判は?
アマゾンで最近よく見るDibeaのコードレス掃除機。調べてもあまり情報がない点から購入を踏みとどまっている方も多いのではないでしょうか?英語・中国語の情報源からDibeaの保有企業に関する情報を集めてみました!
実は親会社はAUKEY!生活家電のメーカーのKealiveとは?
ホットサンドメーカーやコードレス掃除機を販売しているKealiveというブランドを今回はリサーチしました。意外にも、USB充電器などで日本のAmazonで有名なAUKEYのグループ会社であることがわかりました。中国語でリサーチした内容を日本語でまとめています。