親会社はシーメンスの代理店?MP3プレイヤーのAGPTEKって?

AGPTEKのホームページの画像

みなさん、こんにちは。

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

 

今回は、MP3プレイヤーやイヤホンなどの販売を行っている「AGPTEK」について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AGPTEKの会社概要

企業名:深圳市曼伯特实业发展有限公司
(Shenzhen Mambate Industry Development Co., Ltd.)

所在地:深圳市福田区福田街道福安社区福华一路88号中心商务大厦704-709(708、709)

設立:2001年12月28日

代表:李安源

資本金:2000万(元)

ブランドホームページ:http://www.mambate.com

問い合わせ先

メール:不明

Amazon正規販売店:Linking Port-JP

ブランド保有会社は中国深センの大手企業

AGPTEKは、MP3プレイヤー、イヤホン、スマートウォッチなどの電化製品の販売を行っている中国のブランドです。

 

中国深センにある深圳市曼伯特实业发展有限公司が保有しているブランドです。

 

同社は、資本金は2000万元、日本円に換算して約3億4000万円もある中国深センの大手企業です。

 

Amaviserでこれまでに調べてきた中国のブランドは、ほとんどが資本金100万円~1000万円代の企業だったので、他社とは一線を画す規模感です。

 

さらには、世界的に有名なドイツの医療機器メーカーのシーメンス社の代理店として、輸入業やコンサルティングなどを行っており、企業の対外的な信頼性は高そうです。

 

また、同社がオフィスを構えている深圳福田というエリアは、中心業務地区と呼ばれるビジネスの中心地で、東京でいうと丸の内のような場所となります。

 

そのような場所にオフィスを構えていることからも、大企業の風格が伺えます。

 

販売業務は子会社が行っている

AGPTEKの製品は子会社の广州曼伯特信息技术有限公司が実際の販売業務を行っています。

販路は広く、Amazon、ebay、Walmartなど、世界中で製品を販売しています。

 

ホームページによると、その子会社の従業員は100人を超えており、年間売上高は30億円を超えているとのことでした。(いつの売上高かは記載がありませんでした。)

 

日本での商標保有者はアメリカの企業?

今回、AGPTEKのリサーチをしていくなかで、1点興味深い点を見つけました。

 

特許庁の商標データベースで確認をすると、AGPTEKの商標は、「マムバート ユーエスエー インク(MamBate USA Inc)」というアメリカの企業が保有していたのです。

 

この会社について調べてみると、今回取り上げている大企業の深圳市曼伯特实业发展有限公司がアメリカに2005年に設立した販売会社でした。

 

日本の商標の情報だけでは、あたかもアメリカのブランドのように見えますが、大元をたどると親会社は同じ中国企業だったというオチです。

 

若干やり方が微妙ですが、中国のブランド戦略としてこのようなパターンはよくある手のようです。

スポンサーリンク

AGPTEKの商品レビュー・評価まとめ

さて、これまでAGPTEKの運営会社についての、規模感や関連会社の情報をご紹介してきましたが、次に主な商品の評判をお伝えします。

アメリカのAmazonでのレビューも参考に紹介していきます。

日本で143件のレビューがあり、全体平均で★4.2と高評価な商品です。★1は6%でした。(2018年12月4日時点)

 

高評価のレビューを見てみると、「コンパクトなデザイン」「タッチパネルで操作が簡単」「低価格」などが人気のMP3プレーヤーのようです。

 

低評価では、「ずっしりと重い」「本体に音量調節ボタンがないので不便」などのコメントが見られました。

 

また、「Bluetoothを使うと、単位ごとに再生できず全曲再生しか使えない、音量を最低にしても大きい音が出る」など、Bluetooth接続時の不具合の報告もありました。

 

なお、すべての商品には12ヶ月の品質保証があるため、初期不良などがあった場合には、新品との交換・返金対応が取られています。

 

アメリカでは359件のレビューがあり、全体平均は★3.6、★1は15%ありました。(2018年12月4日時点)

 

使用後1~2ヶ月で動かなくなった」「充電しなくなった」など初期不良の報告が多くありました。

AGPTEK Bluetooth4.0 MP3プレーヤー

日本で71件のレビューがあり、全体平均は★4.2と高評価ですが、★1が10%ありました。(2018年12月4日日時点)

 

評価の高いレビューによると、「低価格」「コンパクトなデザイン」「タッチパネルの感度がよく操作しやすいこと」などが人気のMP3プレーヤーという印象です。

 

一方、低評価のレビューでは「FMラジオが受信できない」「Bluetoothの接続がうまくいかない」「FLAC形式のファイル再生時に処理速度が遅くなる」などの報告がありました。

 

なお、アメリカのAmazonでは同モデルの16GBバージョンが人気のようなので、そちらのレビューをご紹介します。

 

レビューは39件あり、評価は全体平均で★3.9と評価は高いですが、★1が13%ありました。(2018年12月4日日時点)

 

高評価な点は「低価格」「充電の持ちがいい」「16GBという容量の大きさ」などです。

 

一方、評価の低いコメントでは「Bluetoothの接続が不安定」「ダウンロードしたファイルの再生ができない」といった初期不良の報告が見られました。

 

AGPTEK ヘッドホン一体型 防水・運動MP3プレーヤー

日本で22件のレビューがあり、全体平均で★4.4と評価が高いですが、★1が9%ありました。 (2018年12月4日時点)

 

「プレーヤーとヘッドフォン一体型なので携帯に便利」「コードレスで使いやすい」「ネックバンド型で耳にフィットする」などが高評価でした。

ランニングやジムなどスポーツ時に使用している方も多いようです。

 

低評価のレビューでは「10日ほどで電源が入らなくなった」「USB3.0のケーブルではデータを読み込めなかった」などの報告がありました。

 

なお、アメリカのAmazonでは、全体評価は★5と高評価ですが、レビュー件数が6件と少ないので、日本での評価の方が参考になると思います。(2018年12月4日時点)

AGPTEKのおすすめ度(5段階中)

★★★★☆(4/5)

今回は「AGPTEK」を調べてみましたが、MP3プレイヤーやイヤホンなどの販売を行なう、中国深圳市にある大企業のブランドでした。

 

AGPTEKを保有する深圳市曼伯特实业发展有限公司は、資本金約3億4000万円の大手企業で、世界的な医療機器メーカーのシーメンスの販売代理店も務めある程度信頼性が高いといえるでしょう。

 

日本の商標をあえてアメリカにある自社の関連会社名義で取らせているところに、若干のセコさを感じますが、これだけの規模感で組織だった企業が運営をしているブランドのため、その製品に関してもある程度は信用できるのではないかと思います。

 

とはいえ、アメリカAmazonでの商品にレビューにおいて、厳しい意見も多く全体の評価もさほど高くないため、★4としました。