非英語圏で人気上昇中?スマホブランドBlackviewとは?

Blackviewの会社ホームページ

みなさん、こんにちは。

 

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

 

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

 

今回はスマートフォンを販売している「Blackview」(読み方はブラックビュー)について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Blackviewの会社概要

企業名:深圳市多科电子有限公司

所在地:深圳市光明区玉塘街道玉律社区第七工业区第3栋801

設立:2013年12月12日

代表:李小刚

資本金:1000万人民币

ブランドホームページ:https://jp.blackview.hk/

問い合わせ先 

メール:sophia@blackview.hk

電話:不明

Amazon正規販売店:不明

中国深圳市の企業のブランド

Blackviewの会社ホームページ

出典:https://jp.blackview.hk/

Blackviewスマートフォンを中心に扱っている中国のブランドです。

 

中国深圳市にある深圳市多科电子有限公司が商標を保有し、Blackviewの商品の販売をしています。

 

企業情報サイト(企查查)によると、同社は資本金が1000万人民币(1億800万円)のスマートフォンなどの電子機器の研究開発・販売業を主に営む大企業です。

 

また、求人情報サイト(企查查)によると、同社の従業員は100-499人とのことでした。

 

なお、同社は2013年の設立で、業界の中では中堅の企業といえます。

 

同社のオフィスは、以下の写真の場所周辺となっており、深圳市の街の中心から少し離れた工業地区の建物の一室にあります。

Blackview保有会社の所在地

出典:https://map.baidu.com/

 

耐久性に優れたデザインに強み

こちらの英語版のブランドページの情報によると,BlackViewは2013年の3月に胥明(Xu Ming)という起業家によって立ち上がったスマートフォンブランドです。

 

特に、アウトドア向けの耐久性に優れたデザインの製品を得意分野としています。低価格でかつ良いクオリティの製品の開発に重きをおき、欧米諸国や、日本、東南アジアに向けて販売をしています。

 

また、胥明氏のインタビュー動画を見つけました。

 

動画によると、BlackViewは4つの製品ラインがあり、耐久性に優れたBVシリーズ、価格を抑えたAシリーズ、バッテリーの持ちを重視したPシリーズ、ハイエンドフォンのRシリーズがあります。

 

スペイン、フランス、ロシア、ウクライナなどにパートナーがおり、自社ブランドの他にも、OEM/ODMの生産も行っているそうです。

 

Youtubeチャンネルも運営していて、チャンネル登録数は記事執筆時点で4.77万人(2019年11月27日)、ロシア語やスペイン語などの非英語圏のYoutuberとコラボしコンテンツを作り、製品の知名度を高めているようでした。

 

Blackview
Welcome to the Blackview official YouTube channel. Blackview, the rugged outdoor smartphone expert and leader. Blackview it's an OEM / ODM manufacturer for c...

 

2017年から増資を重ね、急激に成長

企查查によると、もともとは、同社は50万元で立ち上がり、2017年に200万元、500万元、そして2018年には1000万元と、1年の間に資本金を20倍まで増やしています。

 

株式の保有比率を見てみると、代表の李小刚氏ではなく、先に述べた、胥明氏が99%の株式を保有しているため、実質はこの方が中心となって事業を進めているものと思われます。

 

こういった増資の背景から、今後世界の市場の中で徐々に存在感がでてくるブランドではないかと思いました。

スポンサーリンク

Blackviewの商品レビュー・評価まとめ

これまではBlackviewを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品のレビューについてみていきます。

Amazonやらせレビュー検出ツールのReviewMetaでのスクリーニング後と比較していきます。

Blackview A60 Pro(2019)

日本では84件のレビューがあり、全体平均は★4.2と商品でした。(2019年11月26日現在)

 

ReviewMetaの結果はこちら

BlackviewのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07TG99352

 

また、信用できるレビューとそうでないレビューは下記のように検出されました。

BlackviewのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07TG99352

 

 

なお、当商品には12ヶ月の製品保証が付いていますので、不具合のあった場合に、返金・交換等の対応を受けることが可能です。

Blackview BV5500 Pro (2019)

日本では31件のレビューがあり、全体平均は★4.1と商品でした。(2019年11月26日現在)

 

ReviewMetaの結果はこちら

BlackviewのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07TG9LH1Y

 

また、信用できるレビューとそうでないレビューは下記のように検出されました。

BlackviewのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07TG9LH1Y

 

なお、当商品にも12ヶ月の製品保証が付いていますので、不具合のあった場合に、返金・交換等の対応を受けることが可能です。

Blackviewのおすすめ度(5段階中)

★★★★☆(4/5)

※おすすめ度の見方についてはこちら:Amaviserのおすすめ度について

今回は「Blackview」を調べてみましたが、中国深圳市に本拠地を置く、スマートフォンなどの電子機器の研究開発・販売業に力を入れる大企業のブランドでした。

 

日本ではあまり馴染みがありませんが、非英語圏での販売に力を入れており、2017年からの急激な増資で、今後の展開が楽しみな企業という印象を受けました。

 

また、商品のレビューを読んでみると、普段遣いには難しそうですが、非常に安価なため海外旅行のための、サブの端末としての活用には向いているのではないかなと、思います。

 

上記の内容を総合的に判断し、★4としました。

タイトルとURLをコピーしました