ミキサーが評判のhomgeekってどんなブランド?

homegeekのブランドホーム

みなさん、こんにちは。

 

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

 

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

 

今回はミキサーなどを中心に販売をしている「homgeek」(読み方はホームギーク)について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

homgeekの会社概要

企業名:深圳市通拓科技有限公司

所在地:深圳市龙岗区平湖街道华南大道一号华南国际皮革皮具原辅料物流区二期5层5G-155-5G-165号

設立:2004年6月9日

代表:廖新辉

資本金:4786.8031万元

ブランドホームページ:https://www.tomtop.com/

問い合わせ先 

メール:2885542008@qq.com

Amazon正規販売店:Regiss

業歴15年、欧米を中心に販売

 

homegeekのブランドホーム

 

homgeekはミキサーや電動コーヒーミルなどを中心に扱っている中国のブランドです。

 

中国深センにある深圳市通拓科技有限公司が商標を保有し、homgeekの商品の販売をしています。

 

企業情報サイト(企查查)によると、同社は社員500人以上資本金が約4,790万元(約8億円)の大企業です。

 

同社は主に電子製品の技術開発、通販業、国際貨物の代理運送などを行っており、アメリカ、ヨーロッパを中心に販売しています。

 

また、設立後約15年(2019年4月現在)経っていることから、業界の中では業歴の長い会社であるということがわかりました。

 

なお、同社はオフィスビル5階の10部屋以上というかなり広いスペースを使用しており、規模が大きく経営が安定していることがうかがえます。

 

homegeekのオフィス所在地

出典:https://map.baidu.com

親会社は資本金約200億の巨大企業

 

資本金の変化を調べたところ、同社は設立当初は資本金が100万元(約1,670万円)でしたが、2015年7月からの約2年半で7回も増資を行い、合計約4,687万元(約7億8千万円)も資本を増やしていました。

 

また、同社には深圳を中心に10社以上の子会社があることに加え、杭州に親会社(义乌华鼎锦纶股份有限公司)があることもわかりました。

 

企業情報サイト(企查查)によると、親会社は、2002年設立、資本金11.67億元、社員2,200人以上という化学繊維業を営む巨大企業であり、2018年には同社を買収し、通販業にも参入しました。

 

なお、中国では、企業の信用度をスコア化する「芝麻信用」というサービスが普及しています。

 

これは、ECサイトで有名なアリババが運用していて、各企業の信用がグレードで決められており、インターネット上で公開されています。

 

グレードは高い順からAAA、AA、A、BBB、BBとなっており、深圳市通拓科技有限公司は「A」のグレードがつけられています。

 

homegeekの企業信用サイトスコア

出典:https://xinyong.1688.com

 

親会社が巨大企業であること、短期間で多額の増資をしていること、企業信用スコアで高い評価を得ていることなどから、同社の業績が好調で経営が安定していることがうかがえます。

親会社は巨大ECサイトを運営

homegeekの親会社は、TOMTOPという自社通販サイトを運営しており、このサイトは商品の取扱も幅広く、中国の大手海外向けサイトのAliexpress似たものとなっています。

 

自社通販サイトのSNSの活用状況について調べたところ、Facebookは1日に複数回更新を行い、フォロワーが179万人以上もいることや、Twitterのフォロワーが1万人以上いることがわかりました。(2019年4月24日現在)

 

なお、YouTubeでも商品の紹介などを行っており、中には135万回近く再生されている動画もありました。(2019年4月24日現在)

 

同社がSNSの活用に力を入れ、フォロワーの獲得に成功し、商品の宣伝媒体として効果的に利用していることがわかりました。

このような巨大なECサイトをしっかりと運営していることからも、他の小規模中国系ブランドとは異なり、運営母体がしっかりしているといえるでしょう。

スポンサーリンク

homgeekの商品レビュー・評価まとめ

これまではhomgeekを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品の評判を見ていきたいと思います。

 

イギリスのAmazonでのレビューも引き合いに出しながら、紹介していきます。

homgeek 電動コーヒーミル H19737

日本ではレビュー129件のレビューがあり、全体平均は★4.0、★1と★2の合計は16%でした。(2019年4月24日現在)

 

「使い方や手入れが簡単」「デザインが素敵」「ミル部がステンレス製のため、きれいに洗えてよい」ことなどが人気の電動コーヒーミルです。

 

低評価のレビューには「粉が飛び散るため毎回掃除が必要」「フタが以上に固い」「スイッチを押しても動かない」などのコメントがありました。

 

イギリスでは34件のレビューがあり、全体平均は★3.8、★1と★2の合計は23%(★1が20%)と評価は高くありませんでした。(2019年4月24日現在)

 

不満な点としては「数か月で使用できなくなった」「きちんと挽けていない粉がある」「スタートボタンを押す時に固く感じる」などのコメントがありましたが、日本同様デザインのよさが評価されていました。

 

なお、当商品には1年間の製品保証が付いていますので、不具合があった場合、交換や返金等の対応を受けることが可能です。

homgeek ミキサー BL045B5P

日本では117件のレビューがあり、全体平均は★4.4、★1と★2の合計は10%と比較的評価の高い商品でした。(2019年4月24日現在)

 

「コスパ抜群」「分解して洗えて衛生的」「音が小さい」ことなどが人気のミキサーです。

 

低評価のレビューには「使用時に煙が出た」「スイッチを押しても反応しない」「数か月で壊れた」などのコメントがありました。

 

なお、同タイプの商品はアメリカやイギリスのAmazonでは販売していない様子です。(2019年4月24日現在)

 

また、こちらの商品にも1年間の製品保証が付いています。

homgeekのおすすめ度(5段階中)

★★★★☆(4/5)

今回は「homgeek」を調べてみましたが、中国深センに本拠地を置く、ミキサー等の販売に力を入れる大企業という印象です。

 

業歴が約15年と長いことや、従業員が500人と多く、資本金も約8億円あり会社の規模が大きいことが評価できます。

 

また、10数社の支社を持つことや、巨大企業である親会社から資金等のバックアップを受け経営的に安定していることもプラス点です。

 

さらに、自社通販サイトのFacebookのフォロワー数が180万人近くと非常に多く、SNSを活用し商品の宣伝を効果的に行っているのも好印象です。

 

ただ、商品は日本では一定の評価を得ていましたが、イギリスで2割の人が★1をつけるなど評価の高くない商品があったのがマイナス点です。

 

上記の内容を総合的に判断し、★4.5に近い★4としました。

タイトルとURLをコピーしました