タブレットやノートPCで最近よく見るCHUWIって?評判は?

CHUWIの会社ホームページ

みなさん、こんにちは。

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

今回はタブレットやラップトップを中心に販売している「CHUWI」(読み方はチュウイ)について調べてみました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CHUWIの会社概要

企業名:驰为创新科技(深圳)有限公司

所在地:深圳市龙华新区龙华街道工业东路利金城科技工业园3#厂房二楼

設立:2014年7月21日(ブランドの設立は2004年)

代表:杨思芹

資本金:2000万人民币

ブランドホームページ:https://www.chuwi.com/jp/

問い合わせ先 

電話:18617149901

Amazon正規販売店:CHUWI直営店

中国深圳大企業のブランド

CHUWIの会社ホームページ

出典:https://www.chuwi.com/jp/

CHUWIタブレットやラップトップなどを中心に扱っている中国のブランドです。

中国深圳市にある驰为创新科技(深圳)有限公司が商標を保有し、CHUWIの商品の販売をしています。

企業情報サイト(天眼查)によると、同社は資本金が2000万人民币(約3億5000万円)のタブレットやノートパソコンの製造・販売業を主に営む大企業です。

また、求人情報サイト(顺企网)によると、同社の従業員は約150人とのことでした。

なお、同社の業歴は15年以上で、業界の中では歴史の古い企業といえます。

同社のオフィスは、深圳市の工業エリアにあり、周辺の様子は以下の写真をご参照ください。このゲートの奥にいくつかの企業が入居している建物があり、その中の1つの2階部分にオフィスを構えています。

CHUWI保有会社の所在地周辺

出典:https://map.baidu.com/

工業エリアの中に入るためのゲートがあり、このような場所にオフィスを構えるにはある程度の企業でないと難しいと推測できます。

中国の企業信用スコアでA

中国では、企業の信用度をスコア化する「芝麻信用」というサービスが普及しています。

これは、ECサイトで有名なアリババが運用していて、各企業の信用がグレードで決められており、インターネット上で公開されています。

グレードは高い順からAAA、AA、A、BBB、BBとなっており、驰为创新科技(深圳)有限公司は「A」のグレードがつけられています。(2019年8月26日現在)

CHUWIの企業信用スコア

出典:https://xinyong.1688.com/credit/

さすが大企業といったところで、A評価をとっています。

Amazonで販売をしている中国企業の中でA評価を取っているブランドは割と少ないため、かなり対外的な評価も高く、企業としての信用度も高いと思われます。

元はMP3プレーヤーの生産から始まる

中国のWikipediaのようなサイト「百度百科」によると、もともとは2004年に設立された、深圳市漫音科技有限公司という企業が前身となっており、MP3,4プレーヤー(SONYのウォークマンのような商品)を生産していました。

2007年には中国の大手IT企業テンセントとも戦略的パートナーシップを結んで、商品の展開を行ています。

2009年には7インチの現在のタブレットのようなMP4プレーヤーを発売、2010年に電子書籍リーダー市場に参入するなど、次々と研究開発、時代にあった新商品の開発を進めていました。

CHUWIの初代7インチメディアプレーヤー

参考:

こういった企業の推移からも、昔から培ってきた音楽プレーヤー、電子書籍リーダー開発の技術を元に、タブレットやノートPC市場に参入したものと考えられます。

スポンサーリンク

CHUWIの商品レビュー・評価まとめ

これまではCHUWIを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品の評判を見ていきたいと思います。

アメリカのAmazonでのレビューも引き合いに出しながら、紹介していきます。

CHUWI LapBook Pro 14.1型 Windows10

日本では3件のレビューがあり、全体平均は★4.4、★1と★2の合計は0%とコメント数が少ないながらも評価の良い商品でした。(2019年8月26日現在)

「起動が早い」「余計なソフトが入っていない」「ベゼルが狭くデザイン性が良い」なことなどが人気のノートパソコンです。

低評価のレビューには「商品説明に記載のあるマイクロSDスロットがない」「静かな場所だと起動音が気になる」などのコメントがありました。

アメリカでは2件のレビューがあり、全体平均は★5、★1と★2の合計は0%とを受けていました。(2019年8月26日現在)

不満な点として「USB等のポートが不十分」ことなどが挙げられていましたが、「キーボードのタッチ感が良い」「サポートの対応が良い」ことが評価されていました。

新しい商品なので、耐久性等のところではわかりませんが、スペックと値段、デザイン製を考えたときにかなりお買い得な商品で、私も個人的に気になっています

なお、製品保証期間についての記載はありませんでした。

Hi10 Air タブレット 10.1インチ Windows10

日本では38件のレビューがあり、全体平均は★3.1、★1と★2の合計は31%と少なく、あまり評価の良くない商品でした。(2019年8月26日現在)

「サポートの対応が良い」「価格を考えるとサブ機としては十分」「バッテリーの持ちが良い」といったプラスのコメントがありました。

低評価のレビューには「説明書がわかりにくい」「キーボードが英字配列」「タイピングの感度が悪い」などのコメントがありました。

アメリカでは100件のレビューがあり、全体平均は★3.1、★1と★2の合計は41%と日本よりも厳しい評価を受けていました。(2019年8月26日現在)

不満な点として「Wifiが遅い」「ノートPCの代わりには使えない、遅い」「タッチスクリーンの感度が悪い」ことなどが挙げられていましたが、「スクリーンの画質が良い」「バッテリーのもちが良い」ことが評価されていました。

特に際立ったのが、Wifiの速度がネットワークそのもの速度に関わらず遅いというコメントでした。使っているネットワークとの相性もあるのでしょうか、かなり致命的な問題です。

サブ機としてリスクを承知で買ってみる程度であれば、良いのではないでしょうか?

なお、こちらの商品にも製品保証期間についての記載はありませんでした。

CHUWIのおすすめ度(5段階中)

★★★☆☆(3/5)

今回は「CHUWI」を調べてみましたが、中国深圳市に本拠地を置く、タブレットやラップトップ等の販売に力を入れる大企業のブランドでした。

リサーチをしてみて、評価できる点としては、長い業歴と大きな資本を持っている点が挙げられましたが、一方で、タブレットのレビューを読んでいると、商品の質に不安を覚えます。

正直なところ、現時点で自分が購入をするかといわれたらサブ機でしか検討はできませんが、大きな企業としての資本を活かして、これからの製品の質の向上を期待したいと思います。

上記の内容を総合的に判断し、★3としました。