モバイルバッテリーで最近よく見るKEDRONって?評判は?

KEDRONの新しい所在地画像

みなさん、こんにちは。

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

 

今回はソーラーモバイルバッテリーやワイヤレスモバイルバッテリーを中心に販売している「KEDRON」(読み方はケドロン)についてリサーチしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

KEDRONの会社概要

企業名:深圳声都电子科技有限公司

(ShenZhen ShengDu Electronic Technology CO.,LTD.)

所在地:深圳市龙华新区民治民乐科技园圆梦科技大厦606

設立:2015年4月17日

代表:李春英

資本金:100万(元)

ブランドホームページ:なし

問い合わせ先

メール:不明

Amazon正規販売店:Kedron直販店

顧客に満足される高品質な製品の開発に力を入れる企業

KEDRONは、ソーラーモバイルバッテリーワイヤレスモバイルバッテリーなどを中心に扱っている中国のブランドです。

 

中国深センにある深圳声都电子科技有限公司が商標を保有し、KEDRONの商品の製造・販売をしています。

 

同社は2015年に設立された中国深センにある中小企業です。

中国の企業情報サイト(顺企网)によると、従業員は50名以上おり、そのうちアメリカ支社には10名ほど在籍しているとのことです。

 

同社は企業理念として「継続的な技術革新」を挙げており、顧客に満足される高品質な製品の開発に力を入れています。

 

生産、品質検査、営業、カスタマーサービス、マーケティング、設計、企画などの専門チームに分けて製品開発を行っていることから、組織だった運営をしていることがうかがえます。

 

また、製品のデザインは「欧米の流行と東洋の美学を掛け合わせる」というコンセプトに基づいていおり、この企業の特徴の一つと言えるのではないかと思います。

 

なお、KEDRONの製品は、Amazonや世界最大のネットオークションサイトeBayなどで販売しており、米国、英国、フランス、ドイツ、日本、イタリア、スペイン、カナダなどの海外市場に力を入れています

 

資本金の増資とオフィスの移転

中国の企業情報サイト(企查查)によると、深圳声都电子科技有限公司は2016年に、資本金を10万元から100万元、日本円に換算すると170万円から1700万円に増資しています。

 

また、同じ年には深センの住宅街にあったオフィスから、同じく深センにあるオフィスビルに移転しています。

2018年の最新版の中国の求人サイト(智聯招聘)によると、その後さらに移転していて、現在は、深センの「民乐科技园圆梦科技大厦」というオフィスビルに入居しています。

 

以前オフィスを構えていた住宅街の建物

KEDRONの移転前の建物

出典:https://map.baidu.com/

現在入居しているオフィスビル

KEDRONの新しい所在地画像

赤いピンを立ててある建物の6階になります。

出典:https://map.baidu.com/

資本金を増資したことや住宅街にあったオフィスをビルに移転させていることから、経営が順調であると推測できます。

 

企業HPはなく、日本での商標登録申請もない

KEDRONのホームページを探してみましたが、見つけられませんでした。

また、日本で「KEDRON」の商標登録申請もされておらず企業情報サイト(顺企网や企查查など)以外で深圳声都电子科技有限公司の情報を確認することができませんでした。(2018年10月時点)

 

通常中国ブランドが日本のAmazonで販売をする際には、日本の特許庁に商標登録の申請をしています。

KEDRONが登録を行っていない点から、当ブランドは日本での販売はまだテスト段階なのか、もしくは経営元が手続きを怠っているのかどちらかが考えられます。いづれにせよ、他の商標申請を行っているブランドと比較するとマイナスポイントです。

 

スポンサーリンク

 

KEDRONの商品レビュー・評価まとめ

さて、ここまでKEDRONを運営する会社について紹介してきましたが、次にKEDRONの主なモバイルバッテリーの評判を見ていきたいと思います。

カナダのアマゾンレビューも参考にしながら、紹介していきます。

KEDRON モバイルバッテリー Qi ワイヤレス充電 24000mAh

日本で122件のレビューがあり、全体平均は★4.2、★5と★4の合計は全体の83%という、高評価な商品です。(2018年10月30日時点)

 

24000mAhという容量の大きさと、Qi対応のためコードを使わずモバイルバッテリーの上にスマホを置くだけで充電できるという手軽さが人気のようです。

 

一方、低評価のレビューでは「バッテリーの上にスマホを置いても認識されず充電できない」「数回使用したら充電ができなくなった」「実は24000mAhより少ないのでは?」などの初期不良の報告がありました。

 

カナダでは111件のレビューがあり、全体平均は★4.3、★5と★4の合計82%と高評価です。★1は9%でした。(2018年10月30日時点)

 

低評価のレビューでは、日本と同様「数回使ったら充電できなくなった」「容量が24000mAhもあるとは思えない」といったコメントが見られました。

KEDRON モバイルバッテリー 24000mAh

※2019年8月16日追記:Amazonの販売ページが削除されていたため、Amazonでの販売は停止した様子

日本では314件のレビューがあり、全体平均は★3.9、★5と★4の合計は73%でした。なお、★1は16%ありました。(2018年10月30日時点)

 

24000mAhという容量の大きさと、ソーラーパネルを搭載しているため太陽光で充電できること、などが人気のモバイルバッテリーです。

電源を使わずに充電することもできるため、災害時・緊急時の対策として購入している方も多いようです。

 

評価の低いレビューを見てみると「数回使ったら充電できなくなった」などのコメントがありました。

また、「ソーラーパネルでの充電ができない」などの初期不良の報告も多くありましたので、太陽光での充電に過度に期待してしまうのは注意が必要だと思いました。

 

なお、商品には2年間の保証期間があり、不具合があった際には新品との交換や返金の対応が取られています。

 

カナダでは、レビュー数は32件と少ないですが、全体平均で★4.7、★5と★4の合計が97%、★1が3%と非常に評価が高いです。(2018年10月30日時点)

 

しかし、日本と同様「数回使用したら充電できなくなった」などの初期不良のコメントがありました。

KEDRONのおすすめ度(5段階中)

★★★☆☆(3/5)

今回は「KEDRON」を調べてみましたが、KEDRONは低価格なソーラーモバイルバッテリーやワイヤレスモバイルバッテリーに力を入れる、中国の中小企業のブランドでした。

 

KEDRONを保有する深圳声都电子科技有限公司は、設立3年目ですが、2016年に資本金を170万円から1700万円とへ増資させていること、住宅街にあった会社をオフィスビルに移転させていること、などから、順調に成長していることがうかがえます

 

また、KEDRONの製品が、日本やカナダのアマゾンで高評価を得ている点についても評価できました。

 

しかし、商品に初期不良の報告があることや、企業のホームページがないこと、日本で「KEDRON」の商標登録申請もされていないこと、など企業情報が不透明なところもあるため、評価は★3点としました。