液晶保護フィルムが評判のSHINEZONEってどんなブランド?

SHINEZONE代表の高評価

みなさん、こんにちは。

 

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

 

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

 

今回はスマホのフィルムを中心に販売している「SHINEZONE」(読み方はシャインゾーン)について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SHINEZONEの会社概要

企業名:深圳市众圆科技有限公司

所在地:深圳市龙岗区坂田街道大发埔社区大发路24号文坑工业区1栋301

設立:2014年(公開情報は2018年12月25日)

代表:李姣

資本金:50万人民币

ブランドホームページ:不明

問い合わせ先 

メール:不明

電話:不明

Amazon正規販売店:ShineZone Direct JP

中国深圳の新興企業のブランド

SHINEZONEスマホのフィルムなどを中心に扱っている中国のブランドです。

 

中国深圳にある深圳市众圆科技有限公司が商標を保有し、SHINEZONEの商品の販売をしています。

 

企業情報サイト(阿里巴巴企业诚信体系)によると、同社は資本金が50万人民币(約850万円)のスマートフォンなどの電子機器関連製品の製造販売を主に営む中小企業です。

 

なお、同社の業歴は5年以上で、業界の中では新興企業といえます。

 

同社のオフィスは、以下の写真の場所となっており、深圳の深圳市内の工業エリアの建物の1室にあります。

SHINEZONE保有会社の所在地

出典:https://map.baidu.com/

 

若い社長のもとで、勢いのある企業

中国の求人募集サイト、看准に掲載されている企業情報によると、同社は2014年に成立した、電子機器関連製品の販売及び研究開発まで一貫して行う企業です。

 

従業員は70人ほどおり、平均年齢が26~35歳と若い年代が中心となって働いている会社です。

 

また、代表の李姣氏自身も1980年以降の生まれと若く、勢いがあり、常に新しいものを求めている社風なようです。

こちらの看准では従業員が投稿した会社に関するレビューをみることができるのですが、その中で企業の発展の速さが著しく、代表に能力があり、人格も魅力的だと書かれていました。

SHINEZONE代表の高評価出典:https://www.kanzhun.com

こういった面からも会社の中の雰囲気がよく、従業員の方々のモチベーションも高く保たれているのではないかと、考えられます。

 

スポンサーリンク

SHINEZONEの商品レビュー・評価まとめ

これまではSHINEZONEを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品の評判を見ていきたいと思います。

SHINEZONE SHINEZONE HUAWEI nova lite 3 フィルム【2枚パック】

日本では136件のレビューがあり、全体平均は★4.2、★1と★2の合計は12%と良くもなく悪くもない評価商品でした。(2019年10月18日現在)

 

「かんたんに貼り付けられる」「タッチの感触が良い」なことなどが人気の液晶保護フィルムです。

 

低評価のレビューには「サイズが合わない」「指紋が目立ちやすい」などのコメントがありました。

気泡が入りやすい、すぐ割れたといった低評価レビューが多いのですが、購入者の方自身の貼り方やスマホの使い方にもよるところがあるので、一概には悪い製品とは言えなさそうです。

SHINEZONE Apple Watch Series 5/4 40mm フィルム 5枚入り

日本では28件のレビューがあり、全体平均は★3.8、★1と★2の合計は26%とあまり良い評価ではない商品でした。(2019年10月18日現在)

 

「枚数が多い」「説明書が丁寧」なことなどが人気のアップルウォッチ用保護フィルムです。

低評価のレビューには「ホコリが隙間から入る」「すぐ剥がれる」などのコメントがありました。

こちらの商品に関しては、すぐに剥がれるという観点からの低評価が多く、悪いレビューになっているようでした。アップルウォッチの形状的にも剥がれやすいという面もあり、また5枚も入っているところを勘案すると、悪くはない製品なのかなと個人的には思いました。

SHINEZONEのおすすめ度(5段階中)

★★★☆☆(3/5)

今回は「SHINEZONE」を調べてみましたが、中国深圳に本拠地を置く、スマホのフィルム等の販売に力を入れる中小企業のブランドでした。

 

リサーチをしてみて、評価できる点としては、自社で製品の研究開発をしており、従業員も多く、社長が若く今後もよりより企業にしていこうという気概が感じられる点が挙げられます。

 

一方で、公開されている情報が少なく、ブランドホームページ等の整備がまだできていないところが、マイナス点です。

 

上記の内容を総合的に判断し、★3としました。