Bluetoothイヤホンが評判のOKIMOってどんなブランド?

OKIMO保有会社の所在地周辺の画像
OKIMO保有会社の所在地周辺

みなさん、こんにちは。

 

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

 

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

 

今回はBluetoothイヤホンを中心に販売している「OKIMO」(読み方はオキモ)について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OKIMOの会社概要

企業名:深圳市美联发科技有限公司

所在地:深圳市福田区梅华路梅林多丽工业区厂房1栋8楼1816房

設立:2012年11月08日

代表:伍云飞

資本金:100万人民币

ブランドホームページ:無し

問い合わせ先 

メール:不明

Amazon正規販売店:不明

中国深圳の中小企業のブランド

 

OKIMOBluetoothイヤホンなどを中心に扱っている中国のブランドです。

 

中国深圳にある深圳市美联发科技有限公司が商標を保有し、OKIMOの商品の販売をしています。

 

企業情報サイト(顺企网)によると、同社は資本金が100万人民币(約1500万円)の電子機器製品、日用品の販売業を主に営む中小企業です。

 

また、求人情報サイト(看准)によると、同社の従業員は20人以下とのことでした。

 

なお、同社の業歴は7年以上で、業界の中では中堅の企業といえます。

 

同社のオフィスは以下のような深圳市の街の中心部にある商業エリアのオフィスビルの1室にあります。(具体的な建物までは特定できませんでした。)

 

OKIMO保有会社の所在地周辺の画像

OKIMO保有会社の所在地周辺

出典:https://map.baidu.com/

iKanzi,Pasonomiと同系列のブランド?

同社の基本情報を調べていて、当サイトで以前に紹介をした、iKanzi,PasonomiというAmazonで人気のワイヤレスイヤホンのブランドの運営会社と代表者の名前が同じだったことに気づきました。

Amaviser:トップページ
Amaviserってどんなサイト? Amazonで買い物をしていて、聞いたことのないブランドの評価がすごく高いけど、Googleで検索しても何も情報が出てこない、ということはありませんか? また、サクラのようなレビューば...
完全ワイヤレスイヤホンで評判のPasonomiについて調べてみた
ワイヤレスイヤホンでカテゴリ1位を取っているのに、「聞いたこともないブランド」「調べてもあまり情報がない」点から購入を踏みとどまっている方も多いのではないでしょうか?英語・中国語の情報源からPasonomiに関する情報を集めてみました!

扱っている商品ラインナップもほぼ同じなため、1つのブランドになにかが起きたときのリスクヘッジのため、また同じスキームを横展開して全体の売上を拡大させる目的ではないかと考えられます。

1つのブランドを大切にして運営しているというよりかは、利益を重視して似たような商品をOEMで大量生産して販売しているため、品質の管理を行えているのかという面で若干の不安を感じました。

また、商品も他のブランドと同じようなもので、あまり特徴のあるものではないと考えられます。

スポンサーリンク

OKIMOの商品レビュー・評価まとめ

これまではOKIMOを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品の評判を見ていきたいと思います。

 

ワイヤレスイヤホンとマウスを紹介していますが、マウスに関してはアメリカのAmazonでのレビューも引き合いに出しながら、紹介していきます。

OKIMO 完全ワイヤレスイヤホン 2019年最新版 3500mAh IPX7完全防水

日本では 2314件のレビューがあり、全体平均は★4.5、★1と★2の合計は6%と割と評価の良い商品でした。(2019年8月13日現在)

 

「充電ケースにインジケーターがあって良い」「充電ケースがコンパクト」なことなどが人気の完全ワイヤレスイヤホンです。

 

低評価のレビューには「充電ゲージの表示がすぐにおかしくなる」「装着感が悪い」「電池の持ちが悪い」などのコメントがありました。

こちらの商品は海外アマゾンでの販売は無いようでした。

なお、当商品には6ヶ月の製品保証が付いていますので、不具合のあった場合に、返金・交換等の対応を受けることが可能です。

OKIMO 静音ワイヤレスマウス ABL102

日本では83件のレビューがあり、全体平均は★4.5、★1と★2の合計は1%と少なく、かなり評判の良い商品でした。(2019年8月13日現在)

 

「価格が安い」「充電式で電池が不要」「電池がない分軽くて持ち運びやすい」なことなどが人気のモバイルバッテリーです。

 

低評価のレビューには「マウスホイールが固くすぐ動かなくなった」などのコメントがありました。

 

アメリカでは586件のレビューがあり、全体平均は★4.5、★1と★2の合計は8%と日本と同等の評価を受けていました。(2019年8月13日現在)

 

不満な点として「反応が良すぎて使いにくい」「あまりクリック音が静かではない」「充電中にマウスが使えないのが不便」ことなどが挙げられていましたが、「スリムなデザインで使いやすい」「軽量で持ち運びやすい」ことが評価されていました。

 

なお、当商品にも6ヶ月の製品保証が付いていますので、不具合のあった場合に、返金・交換等の対応を受けることが可能です。

OKIMOのおすすめ度(5段階中)

★★★☆☆(3/5)

今回は「OKIMO」を調べてみましたが、中国深圳市に本拠地を置く、Bluetoothイヤホン等の販売に力を入れる中小企業でした。

 

リサーチをしてみて、評価できる点としては、業歴が短すぎず、代表が複数の企業を運営しており、資本の面では安定してそうな点、ワイヤレスマウスの評判が日本、アメリカともに評判が良い点が挙げられます。

 

一方で、iKanzi、Pasonomi他ブランドと運営会社同じで、あまりブランドの特徴がなさそうなところがマイナス点です。

 

上記の内容を総合的に特にブランドそのものにこれといった特徴もなく、かといって決定的に不安となる要素もなかったため、★3としました。

 

個人的には、ワイヤレスイヤホンを中華ブランドから買うのであれば、以前に★5評価をつけた下記ブランドの中から購入すると思います。

小米のグループ企業!?ワイヤレスイヤホンのHAYLOUとは?
実は小米のグループ企業だった!?アマゾンで評判の高いHAYLOUの完全ワイヤレスイヤホンに関して、英語・中国語の情報源がどんな企業か調べてみたら意外な事実がわかりました。
Bluetoothイヤホンで最近よく見るTaoTronics って?評判は?
アマゾンで評判の高いTaoTronics のBluetoothイヤホン。実はこのブランドはモバイルバッテリーで有名なRAVPowerとも大いに関係があります。その他、英語・中国語の情報源からTaoTronics の保有企業に関する情報を集めてみました!
商品に不満が少ない中国の優良ブランド?Tronsmartを調査!
USBケーブルやBluetoothスピーカーなど、小型電子機器をAmazonで探している際、Tronsmartというブランドを目にしたことはありませんか?日本語で検索しても情報が少ないTronsmartに関して、中国語と英語を使って調べました。
タイトルとURLをコピーしました