低反発クッションやマットレスが評判のIKSTARってどうなの?

IKSTARのReviewMeta結果

みなさん、こんにちは。

 

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

 

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

 

今回は低反発クッションやマットレスを中心に販売している「IKSTAR」(読み方はイクスター)について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IKSTARの会社概要

企業名:深圳市祺胜协能电子有限公司

所在地:深圳市龙华新区龙华街道油松社区东环一路恒丰小区二栋十楼1004-1005

設立:2011年4月29日

代表:魏明程

資本金:10万人民币

ブランドホームページ:不明

問い合わせ先 

メール:不明

電話:+86 17806576843

Amazon正規販売店:IKSTAR【メーカー直営店・全品1年保証付】

中国深圳市の中小企業のブランド

 

IKSTAR低反発クッションやマットレスなどを中心に扱っている中国のブランドです。

 

中国深圳市にある深圳市祺胜协能电子有限公司が商標を保有し、IKSTARの商品の販売をしています。

 

企業情報サイト(企查查)によると、同社は資本金が10万人民币(約180万円)の電子機器製品の研究開発を主に営む中小企業です。

 

また、求人募集サイトの人才热线によると、同社の従業員は50-150人とのことでした。

 

なお、同社は2011年の設立で、業界の中では中堅の企業といえます。

 

同社のオフィスは、以下の写真の周辺の場所となっており、深圳市の居住用の建物が集まるエリアの2部屋部分にあります。

IKSTAR保有会社の所在地

出典:https://map.baidu.com/

 

日本市場担当の従業員を複数募集

当記事執筆時点の2019年12月には、ブランドのホームページは存在しないようでしたが、こちらの中国の企業情報サイト、人才热线に、同社の求人情報の掲載がありました。

IKSTAR求人情報

 

募集ポジションの中に、日本市場担当の社員を募集しており、日本語能力検定試験1級合格(一番難しいレベル)の資格を条件としていました。

 

このことから、日本市場での販売に力を入れおり、中国企業ながらも一定水準の日本語でのカスタマーサポートも受けられるのではないかと感じました。

 

スポンサーリンク

IKSTARの商品レビュー・評価まとめ

これまではIKSTARを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品のレビューについてみていきます。

Amazonやらせレビュー検出ツールのReviewMetaでのスクリーニング後と比較していきます。

IKSTAR 低反発クッション

日本では312件のレビューがあり、全体平均は★4.4と評価の高い商品でした。(2019年12月28日現在)

 

ReviewMetaの結果はこちら

IKSTARのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07K1PFTJS

 

また、信用できるレビューとそうでないレビューは下記のように検出されました。

IKSTARのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07K1PFTJS

※Review Meta側の不具合で、レビューに「nnnnnn n」という文字が入っております

なお、当商品には1年の製品保証が付いていますので、不具合のあった場合に、返金・交換等の対応を受けることが可能です。

IKSTAR 高反発マットレス 07086

日本では224件のレビューがあり、全体平均は★4.4とこちらも割と評価の高い商品でした。(2019年12月28日現在)

 

ReviewMetaの結果はこちら

IKSTARのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B06WVSTSGG

 

また、信用できるレビューとそうでないレビューは下記のように検出されました。

IKSTARのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B06WVSTSGG

※Review Meta側の不具合で、レビューに「nnnnnn n」という文字が入っております
なお、当商品にも1年の製品保証が付いていますので、不具合のあった場合に、返金・交換等の対応を受けることが可能です。

IKSTARのおすすめ度(5段階中)

★★☆☆☆(2/5)

※おすすめ度の見方についてはこちら:Amaviserのおすすめ度について

今回は「IKSTAR」を調べてみましたが、中国深圳市に本拠地を置く、電子機器製品の研究開発を営む中小企業のブランドでした。

 

設立は2011からとAmazonで販売している企業の中では、業歴がありますが、資本金が10万元(約180万円)と少ないところに不安を感じます。

 

日本語が話せる人材を募集しており、日本市場に力を入れていることが伺えますが、企業ホームページが存在しない等不完全なところもあります。

 

ReviewMetaを通した結果を見ると、さくらレビューによる影響が大きく、実際のレビューはあまり高くないようだったので、注意が必要です。

 

上記の内容を総合的に判断し、★2としました。

タイトルとURLをコピーしました