実は親会社はAUKEY!ヘアアイロンや掃除機のKealiveとは

KealiveのHP写真

みなさん、こんにちは。

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

今回はヘアアイロンやコードレス掃除機などを中心に販売している「Kealive」(読み方はケアリブ)について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Kealiveの会社概要

企業名:长春市诚基科技有限公司

所在地:吉林省长春市高新开发区震宇街358号5号楼第3层西南区3-4-1—3-4-6房间

設立:  2012年4月26日

代表:陆海传

資本金:200万元 

ブランドホームページ:http://www.kealivehome.com/

問い合わせ先

メール:chengjikejihr@126.com

Amazon正規販売店:メーカーによる直接販売なし

生活家電を販売する中国のブランド

KealiveのHP写真

出典:http://www.kealivehome.com/

Kealiveは、ストレートアイロンやコードレス掃除機など小家電をメインに製造・販売をしている中国のブランドです。

中国吉林省長春市にある长春市诚基科技有限公司が商標を保有し、Kealiveの商品をAmazon、ebayなどのインターネット販売サイトを通じて販売しています。

 

また、 同社は2012年4月に設立された中小企業で、企業情報サイト(企査査)によると、同社の資本金は200万元となっています。

 

なお、同社のオフィスは技術系の企業が多く入居している建物の数部屋をレンタルしています。

Kealiveの所在地写真

出典:https://map.baidu.com/

実はAUKEYの子会社だった!

同社の資本関係を調べていくと、親会社がAmazonでのモバイルバッテリーの販売などで有名なAUKEYを運営している会社だということがわかりました。

 

AUKEYはモバイルバッテリーや、イヤホンなどの商品が人気でAnkerとよく比較され、2017年のグループ全体売上高が373.7億元(約6500億円で日本でいうとコンビニのローソンの年間売上高と同じくらい!)にも登る大企業です。


AUKEYを有する親会社の総経理(日本で言う社長)、董事長(日本で言う会長)が同社の代表者(総経理)を務め、Kealiveは親会社のバックアップを大きく受けており経営や社内の体制が安定していることが分かります。

親会社の販売網を活かし、世界50カ国以上で販売

Kealiveの製品は、日本、アメリカ、ヨーロッパ、ブラジル、ロシア等の世界50か国以上で販売されており、海外への販売を積極的に行っています。

 

なお、長春にある本社の従業員は80名ですが、前述の通りAUKEYを保有する大企業が親会社のため、グループ全体では従業員が2500名を超え、世界各地に従業員を抱えています。

また、Kealive単体でも英語やドイツ語等、各国の言語に対応できるカスタマーセンター職員を多数募集しており、ただ販売するのみでなく、アフターサービスにも力を入れていることがうかがえます。

スポンサーリンク

Kealiveの商品レビュー・評価まとめ

これまではKealiveを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品の評判を見ていきたいと思います。

アメリカのAmazonでのレビューも引き合いに出しながら、紹介していきます。

Kealive ストレートヘアアイロン LM-177B

※2019年8月16日追記:Amazonの販売ページが削除されていたため、Amazonでの販売は停止した様子

 

日本ではレビューは2件と少ないですが、2件とも★5と満点でした。(2019年1月27日時点)

 

また、アメリカアマゾンでのレビューは21件あり、こちらも全て★5が19件、★1,2がそれぞれ1件ずつという評価でした。(2019年1月27日時点)

 

マイナス評価を見てみると、あまり髪が真っ直ぐにならないというコメントが見られました。

安い商品なので、効果も値段相応といったところのようです。

なお、この商品には1年半の保証期間がついています。

Kealive コードレス掃除機 EV-679

※2019年8月16日追記:Amazonの販売ページが削除されていたため、Amazonでの販売は停止した様子
 

日本では88件のレビューがあり、★2は3%、★1は6%となっています。(2019年1月27日時点)


購入してすぐに壊れたという初期不良のコメントや、吸引力が弱いというコメントも複数あり、届いた商品に当たりはずれがかなりある製品という印象です。

 

ただ、1年間の製品保証がついているため、万が一不具合がある場合も交換や修理対応をしてもらえます。

Kealiveのおすすめ度(5段階中)

★★★★☆(4/5)

今回は「Kealive」を調べてみましたが、Amazonで有名なブランド「AUKEY」を持つ企業を親会社とする、掃除機やヘアアイロンなど生活家電を販売するブランドということがわかりました。

親会社のサポートを受けて、世界各国で製品を販売をしているグローバルなブランドではありますが、製品のレビューを見るとまだまだ品質には課題が残ります。

経営母体が安定していることや、従業員の募集によりアフターサポートの体制を整えようとしている姿勢と、安定した資本力をもとに今後の製品の質の改善を期待して★4としました。