ワイヤレスイヤホンが人気のSoundPEATSについて調べてみた

SoundPEATSのホームページの画像

みなさん、こんにちは。

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

今回は、ワイヤレスイヤホンを中心に販売をしている「SoundPEATS」(読み方はサウンドピーツ)について調べてみました。

 

※2018年12月3日に公開した記事ですが、商品の口コミ情報、企業情報の加筆・修正をして2020年1月11日に再度更新しました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SoundPEATSの会社概要

企業名:深圳市音科资讯科技有限公司

所在地:深圳市龙华区龙华街道创业路汇海广场B座1309

設立:2011年12月28日

代表:杨晋

資本金:100万(元)

ブランドホームページ:http://www.soundpeatsaudio.com

問い合わせ先

メール:不明

Amazon正規販売店:SoundPEATS Audio〔メーカー直営店・1年保証付〕

製品の品質向上と顧客対応に力を入れている

SoundPEATSは、ワイヤレスイヤホンを中心に扱っている中国のブランドです。

 

中国深センにある深圳市音科资讯科技有限公司が商標を保有し、SoundPEATSの商品の製造と販売をしています。

 

同社は2011年に設立された中国の中小企業で、主にBluetoothヘッドフォン、有線ヘッドフォン、Bluetoothスピーカーなどの音響機器の設計や開発を行っています。

その後、2013年にブランド「Soundpeats」を立ち上げました。

 

SoundPEATSのホームページによると「製品の品質と顧客満足度を常に最優先している」としており、製品の品質向上と顧客対応に力を入れているという姿勢がうかがえました。

 

なお、中国では、ECサイトで有名なアリババが運用している、企業の信用度をスコア化するサービス「芝麻信用」が普及していて、各企業の信用がグレードで決められており、インターネット上で公開されているのですが、深圳市音科资讯科技有限公司については確認することができませんでした

 

住宅街からオフィスビルに移転

中国の企業情報サイト企查查によると、深圳市音科资讯科技有限公司は、それまで集合住宅内にあったオフィスを、2017年9月に「汇海广场」というオフィスビルに移転させています。

集合住宅からオフィスビルへの移転、ということから経営が順調であることが推測できます

移転前の建物

SoundPEATSの移転前の画像

出典:https://map.baidu.com

移転後の建物

SoundPEATSの移転後の画像

出典:http://sz.kongjianjia.com

日本での販売に注力

SoundPEATSのtwitterの画像

出典:https://twitter.com/SoundPEATS_JP

SoundPEATSでは、日本語版のホームページも用意されていて、掲載情報も更新されています。

 

TwitterでもSoundPEATSの日本法人公式アカウントが開設されており、頻繁にツイートされていることなどから、日本での販売に注力していることが見受けられました。

 

なお、ホームページ内には、外部のモニターに委託して書かれた商品レビューのブログもあります。商品について細かく書かれているので、購入を検討する際には、こちらを参考にするのもいいと思います。

 

指定された販売者からの購入でないと返品・返金の対応を受けらない

商品には、1年間の品質保証期間が設けられているため、初期不良などがあった場合には、新品との交換や返金などの対応が取られています。

 

また、購入後30日間は、初期不良の有無にかかわらず返品・返金の対応もしているとのことです。

 

ただし、これらの返品や返金の対応は、「販売者がSoundPEATS Audio、もしくはAmazon.co.jpの場合に限る」とされています。

他の販売店や出品者から購入した場合はサポートの対象外になるので、購入時には注意が必要です。

スポンサーリンク

soundpeatsの商品レビュー・評価まとめ

これまではsoundpeatsを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品のレビューについてみていきます。

Amazonやらせレビュー検出ツールのReviewMetaでのスクリーニング後と比較していきます。

soundpeats ワイヤレスイヤホン Q30

日本では227件のレビューがあり、全体平均は★4.6と評価の高い商品でした。(2020年1月11日現在)

 

ReviewMetaの結果はこちら

soundpeatsのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07XQ7NM6M

※2020年1月11日時点、Review Meta側の不具合で信用できるレビューとそうでないレビューの部分が正しく表示されていないので、今回は割愛します。

なお、当商品には1年間の製品保証が付いていますので、不具合のあった場合に、返金・交換等の対応を受けることが可能です。

soundpeats ワイヤレスイヤホン Truengine SE

日本では509件のレビューがあり、全体平均は★4.4と評価の高い商品でした。(2020年1月11日現在)

 

ReviewMetaの結果はこちら

soundpeatsのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07YFSYCTJ

※2020年1月11日時点、Review Meta側の不具合で信用できるレビューとそうでないレビューの部分が正しく表示されていないので、今回は割愛します。
なお、当商品にも1年間の製品保証が付いていますので、不具合のあった場合に、返金・交換等の対応を受けることが可能です。

SoundPEATSのおすすめ度(5段階中)

★★★★☆(4/5)

今回は「SoundPEATS」を調べてみましたが、低価格な音響機器の設計や開発に力を入れる、中国深センに本拠地を置く中国の中小企業のオリジナルブランド、という印象です。

 

製品について一部で初期不良の報告があることや、企業の信用度をスコア化するサービス「芝麻信用」で、SoundPEATSを保有する深圳市音科资讯科技有限公司の情報が確認できないことなどがマイナスとなりました。

 

しかし、設立7年目で資本金が約1700万円あることや、住宅街からオフィスビルに移転していることなどから、順調な成長をうかがうことができました。

 

また、製品が国内外問わず高評価を得ている点や、日本向けに公開されているホームページがきちんと管理されている点なども評価できたため、★4としました。

 

 

個人的には、ワイヤレスイヤホンを中華ブランドから買うのであれば、以前に★5評価をつけた下記ブランドの中から購入すると思います。

小米のグループ企業!?ワイヤレスイヤホンのHAYLOUとは?
実は小米のグループ企業だった!?アマゾンで評判の高いHAYLOUの完全ワイヤレスイヤホンに関して、英語・中国語の情報源がどんな企業か調べてみたら意外な事実がわかりました。
Bluetoothイヤホンで最近よく見るTaoTronics って?評判は?
アマゾンで評判の高いTaoTronics のBluetoothイヤホン。実はこのブランドはモバイルバッテリーで有名なRAVPowerとも大いに関係があります。その他、英語・中国語の情報源からTaoTronics の保有企業に関する情報を集めてみました!

https://amaviser.com/tronsmart/

タイトルとURLをコピーしました