ドライブレコーダー徹底比較!おすすめ5選と後悔しない選び方【2024年最新版】

はじめに

近年、あおり運転や車上荒らしなどの悪質な行為が横行しており、ドライブレコーダーの重要性がますます高まっています。ドライブレコーダーは、万が一の事故やトラブル発生時に、客観的な証拠として役立つだけでなく、日々の運転を記録することで安全運転を意識する効果も期待できます。

ドライブレコーダーが絶対に必要な理由

・あおり運転や車上荒らしの証拠となる

近年、あおり運転や車上荒らしなどの悪質な行為が急増しています。ドライブレコーダーがあれば、こうした行為の証拠を記録することができ、警察への被害届提出や裁判での証拠として役立てることができます。

・事故の状況を客観的に記録できる

事故が発生した場合、ドライブレコーダーの映像は、事故の状況を客観的に記録することができます。これにより、事故の責任の所在を明確にし、円滑な示談交渉や裁判での争いを避けることができます。

・駐車中のいたずらや盗難の証拠となる

駐車中のいたずらや盗難被害の証拠としても、ドライブレコーダーは役立ちます。駐車監視機能付きのドライブレコーダーであれば、駐車中も録画を続けることができ、犯人の特定や損害賠償請求に役立てることができます。

・自分の運転を振り返ることができる

ドライブレコーダーの映像は、自分の運転を振り返る貴重な資料となります。日々の運転を客観的に分析することで、安全運転意識を高め、事故やトラブルを未然に防ぐことができます。

・ドライブの思い出を記録できる

ドライブレコーダーは、単なる証拠記録装置ではありません。美しい景色や楽しいドライブの思い出を記録することもできます。ドライブの思い出を鮮明に残したい方にも、ドライブレコーダーはおすすめです。

ドライブレコーダーを選ぶポイント

ドライブレコーダーを選ぶ際には、以下のポイントを参考にしましょう。

画質:高画質であればあるほど、ナンバープレートや相手の車の車体などを鮮明に記録することができます。

カメラ数:前後2カメラに加え、駐車監視用カメラなどを搭載したモデルもあります。

駐車監視機能:駐車中に衝撃を感知すると自動的に録画を開始する機能です。

GPS機能:走行速度や位置情報を記録することができます。

その他機能:Gセンサー、音声録音、HDR機能など、さまざまな機能が搭載されています。

以上の事から、今やドライブレコーダーは、安全運転を守るために欠かせないアイテムです。自分のニーズに合ったドライブレコーダーを選んで、安全で快適なドライブを実現しましょう。

①ユピテル(Yupiteru) ‎WDT510c

商品スペック

ユピテルの‎WDT510cは、最新の技術を搭載したハイエンドドライブレコーダーです。このモデルは以下のようなスペックを持っています。

カメラ解像度:前方カメラは4K、後方カメラはフルHD

視野角:前方カメラは160度、後方カメラは140度

録画機能:ループ録画、Gセンサー搭載

ストレージ:最大256GBのmicroSDカード対応

ディスプレイ:3インチタッチスクリーン

接続機能:Wi-Fi、Bluetooth、GPS

その他:音声ガイド機能、駐車監視モード

魅力

ユピテル‎WDT510cは、特に高い解像度と広い視野角が魅力です。4K解像度の前方カメラは非常にクリアな映像を提供し、重要な細部まで見逃しません。また、広い視野角により、道路全体をカバーすることができます。駐車監視モードや音声ガイド機能も便利で、ドライバーの安心感を高める要素となっています。

特に人気の性能や使い勝手など

このモデルは、使い勝手の良さでも高く評価されています。3インチのタッチスクリーンは操作が直感的で、設定変更や映像の確認が簡単です。Wi-FiとBluetoothの接続機能により、スマートフォンと連携して録画映像をリアルタイムで確認できるのも便利です。また、GPS機能により、走行ルートや速度の記録も可能です。

優れた点

高画質録画:4K解像度の前方カメラは非常に鮮明な映像を提供し、細部までしっかりと記録します。

広視野角:前方160度、後方140度の広い視野角により、死角を減らし、より広範囲の映像をカバーします。

多機能:ループ録画、Gセンサー、駐車監視モードなど、多彩な機能を搭載しています。

簡単操作:3インチタッチスクリーンと音声ガイド機能により、操作が簡単で直感的です。

接続性:Wi-FiやBluetooth、GPSなど、豊富な接続機能を備えています。

注意点

価格:高機能ゆえに価格も高めです。予算に余裕がない場合は、他のモデルと比較する必要があります。

ストレージ:最大256GBのmicroSDカードに対応していますが、長時間の4K録画では容量不足になる可能性があります。

サイズ:高機能なため、やや大きめのボディサイズで、取り付けスペースに余裕が必要です。

設置:多機能であるがゆえに、設置や設定に少し時間がかかるかもしれません。

バッテリー:駐車監視モードを利用する場合、車両バッテリーへの影響を考慮する必要があります。

良い口コミ

アプリでマイクロSDカードを抜かなくてもスマホで確認できる点が良いと思います。」(男性、30代)

コンパクト、操作、画質は良いですね。特に夜の画質は思っていたよりずっと良かったです。」(女性、40代)

取付簡単、扱いやすい、機能的、画像も十分、コスパも満足です。」(男性、50代)

前後共に中々キレイな画質です。電源も初めから裏取りする仕様で変圧器も付いており、何も考えずに取り付けられて楽ちんでした。」(女性、30代)

「GPS機能が優れていて、後で走行ルートを確認できるのが便利です。」(男性、40代)

気になる口コミ

「価格が少し高めで、予算オーバーになってしまいました。」(女性、20代)

取付後に記録した映像をPCで確認すると、フロントの映像はナンバーがギリギリ読み取れるくらい、リアはハッキリと記録されている。『 前後2カメラ WDT700c HDT搭載200万画素Full HD 』と書いてあったの読んで購入したのにフロントの映像残念な感じでした。」(男性、30代)

画面が思ったより小さいので失敗した感が…。使用に問題ないのでそのまま使います。」(男性、50代)

「駐車監視モードを使うと、バッテリーへの負担が気になります。」(女性、40代)

「多機能であるがゆえに、最初の設定に時間がかかりました。」(男性、20代)

②コムテック(COMTEC) ‎ZDR016

商品スペック

コムテックの‎ZDR016は、ドライブレコーダー市場で高い評価を受けているモデルの一つです。このモデルの主なスペックは以下の通りです。

カメラ解像度:前方カメラはフルHD、後方カメラもフルHD

視野角:前方カメラは165度、後方カメラは145度

録画機能:ループ録画、Gセンサー搭載、駐車監視機能

ストレージ:最大128GBのmicroSDカード対応

ディスプレイ:2.7インチ液晶ディスプレイ

接続機能:GPS内蔵

その他:HDR/WDR機能、LED信号機対応、音声録音機能

魅力

コムテック‎ZDR016の最大の魅力は、その信頼性と多機能性にあります。フルHDの高画質録画に加え、広視野角により広範囲をカバーします。また、HDR/WDR機能を搭載しており、逆光や夜間の映像もクリアに記録できます。さらに、GPS内蔵で走行ルートの記録も可能です。これらの機能が一体となって、安全運転のサポートと証拠保全に役立ちます。

特に人気の性能や使い勝手など

ZDR016は、使いやすさと高性能が両立している点で特に人気です。2.7インチの液晶ディスプレイは操作が直感的で、録画映像の確認や設定の変更が容易です。駐車監視機能やGセンサーにより、駐車中の衝撃も確実に記録されます。また、LED信号機対応により、信号機の点滅が映像に記録されることなくスムーズに撮影できます。

優れた点

高画質録画:前後方ともにフルHDの解像度で、鮮明な映像を提供します。

広視野角:前方165度、後方145度の視野角により、広範囲の映像をカバーします。

HDR/WDR機能:逆光や夜間でもクリアな映像を記録できます。

GPS内蔵:走行ルートや速度の記録が可能で、事故時の詳細な情報を提供します。

直感的操作:2.7インチ液晶ディスプレイで簡単に操作でき、設定変更もスムーズです。

注意点

価格:高機能モデルのため、他のエントリーモデルに比べて価格が高めです。

ストレージ:最大128GBのmicroSDカード対応ですが、長時間のフルHD録画では容量不足になる場合があります。

サイズ:多機能なため、やや大きめのボディサイズで、取り付けスペースに余裕が必要です。

バッテリー:駐車監視機能を使用する場合、車両バッテリーの消耗が早くなることがあります。

初期設定:豊富な機能をフルに活用するためには、初期設定に時間がかかることがあります。

良い口コミ

前後のカメラの映像も鮮明で停止中に信号の変化や前車の発信も検出されて案内してくれます。」(男性、30代)

パソコンで観た所かなり高画質で音声と共に録画されていたのでこのドライブレコーダーを装着して、此れからも安心して使用出来ると確信しました。」(女性、40代)

「HDR機能のおかげで、逆光でも鮮明な映像が撮れます。」(男性、50代)

「操作が直感的で使いやすく、設定変更も簡単にできます。」(女性、30代)

「駐車監視機能が安心感を与えてくれます。何かあっても証拠が残せるので助かります。」(男性、40代)

気になる口コミ

視野角は広いが画質はいまいち、対向車のナンバーがほとんど読めない。前方後方とも信号待ちの時の車間距離ぐらい近くないとナンバーは読めません。事故の時の過失の確認には使えるが、あおり運転や当て逃げの時の犯人の特定には難を要しそう。」(女性、20代)

駐車監視機能は別バッテリーの購入をオススメします。」(男性、30代)

音声ガイドが音楽聴いてるとき聞こえにくいのでボリューム調整が欲しいです。」(男性、50代)

画質は充分満足出来ると思います。取り付けについては、本体を貼り付けた後に全ての角度を微調整出来れば良いと思います。Gセンサーは敏感なので、ちょうどいいセッティングに合わせるのに何度も設定をし直すことになりました。」(女性、40代)
「多機能であるがゆえに、最初の設定に時間がかかりました。」(男性、20代)

③ケンウッド(KENWOOD) ‎DRV-340

商品スペック

ケンウッドの‎DRV-340は、コストパフォーマンスと高性能を兼ね備えた人気のドライブレコーダーです。このモデルの主なスペックは以下の通りです。

カメラ解像度:フルHD(1920×1080)

視野角:水平122度、垂直61度、対角148度

録画機能:ループ録画、Gセンサー搭載、駐車監視機能

ストレージ:最大32GBのmicroSDカード対応(16GBカード同梱)

ディスプレイ:2.0インチ液晶ディスプレイ

接続機能:GPS内蔵

その他:HDR機能、動体検知機能、LED信号機対応

魅力

ケンウッド‎DRV-340の最大の魅力は、その優れたコストパフォーマンスです。フルHDの高画質録画に加え、広い視野角を提供します。さらに、HDR機能を搭載しており、逆光や夜間でも鮮明な映像を記録できます。GPS内蔵で走行ルートの記録も可能で、信号機の点滅に対応する機能も備えています。

特に人気の性能や使い勝手など

DRV-340は、シンプルで使いやすい点が特に人気です。2.0インチの液晶ディスプレイは操作が直感的で、録画映像の確認や設定の変更が容易です。また、動体検知機能や駐車監視機能により、駐車中のトラブルも確実に記録できます。これにより、日常の運転や駐車時の安心感が大幅に向上します。

優れた点

高画質録画:フルHDの解像度で、鮮明な映像を提供します。

広視野角:水平122度、垂直61度、対角148度の視野角により、広範囲の映像をカバーします。

HDR機能:逆光や夜間でもクリアな映像を記録できます。

GPS内蔵:走行ルートや速度の記録が可能で、事故時の詳細な情報を提供します。

コストパフォーマンス:高性能ながら手頃な価格で、コストパフォーマンスが優れています。

注意点

ストレージ:最大32GBのmicroSDカード対応で、長時間のフルHD録画では容量不足になる場合があります。

ディスプレイサイズ:2.0インチの液晶ディスプレイはやや小さく、視認性に欠ける場合があります。

バッテリー:駐車監視機能を使用する場合、車両バッテリーの消耗が気になります。

基本機能:他の高価格モデルに比べて、一部の先進的な機能が不足している場合があります。

設置:初めて使用するユーザーには、設置や設定に少し時間がかかるかもしれません。

良い口コミ

自分で取り付けてみましたが、簡単でした。録画状態もよいです。長い時間消えないようにSDを大きなものに変更しました。」(男性、30代)

「GPS機能が便利で、後で走行ルートを確認できるのが助かります。」(女性、40代)

もうすぐ半年ほどになりますが、とりあえず問題ないです。画質もまずまず。夜間の明るさも十分。高解像度を望めばきりがないですが10mぐらい前走車のナンバー4桁ぐらいは判別可能。」(男性、50代)

パソコンで再生しましたが、特に問題なくきれいに映ってました。いざという時にわかれば良いので機能的には十分です。地デジ干渉も無くてキレイに映ってます。」(女性、30代)

画質、画角など、すごく良くもないけど、そこそこ映るし、異常なく普段問題なく使えてます。録画したデータをPCでも見れました。価格に対しての価値はあると思います。」(男性、40代)

気になる口コミ

画質だけは少し不満です。画質を良くするとデータ容量の大きなカードが必要になるので、何とも言えないところですが。」(女性、20代)

リア用に購入しましたが、ガラスプリントアンテナ近くに取り付けしかなく、MWラジオに雑音が乗ってしまいました。注意書にはあるのですが、なかなか立派な雑音で、MWラジオを聞く時には、OFFにするはめに。」(男性、30代)

「駐車監視機能を使うと、バッテリーの消耗が気になります。」(男性、50代)

「初期設定が少し面倒で、慣れるまでに時間がかかりました。」(女性、40代)

「一部の先進的な機能がないため、高機能を求める人には物足りないかもしれません。」(男性、20代)

④ヒューレット・パッカード(HP) ‎f660g Kit

商品スペック

ヒューレット・パッカード(HP)の‎f660g Kitは、多機能と高性能を兼ね備えたドライブレコーダーです。以下が主なスペックです。

カメラ解像度:フルHD(1920×1080)

視野角:水平140度、対角170度

録画機能:ループ録画、Gセンサー搭載、駐車監視機能

ストレージ:最大128GBのmicroSDカード対応

ディスプレイ:2.4インチ液晶ディスプレイ

接続機能:Wi-Fi内蔵、GPS対応

その他:WDR機能、動体検知機能、ナイトビジョン

魅力

HPの‎f660g Kitは、その多機能性と高画質が魅力です。フルHD解像度のカメラにより、昼夜問わず鮮明な映像を記録します。広い視野角を持ち、道路全体をカバーすることができます。WDR機能とナイトビジョンにより、逆光や暗所でもクリアな映像を提供します。また、Wi-Fi内蔵でスマートフォンとの連携も可能です。

特に人気の性能や使い勝手など

このモデルは、使いやすさと先進的な機能が特に人気です。2.4インチの液晶ディスプレイは操作が直感的で、録画映像の確認や設定の変更が容易です。Wi-Fi接続により、スマートフォンでリアルタイムに映像を確認することができます。また、駐車監視機能や動体検知機能により、駐車中のトラブルも確実に記録できます。

優れた点

高画質録画:フルHDの解像度で、鮮明な映像を提供します。

広視野角:水平140度、対角170度の視野角により、広範囲の映像をカバーします。

WDR機能:逆光や夜間でもクリアな映像を記録できます。

Wi-Fi内蔵:スマートフォンとの連携が可能で、リアルタイムに映像を確認できます。

多機能:ループ録画、Gセンサー、駐車監視機能、動体検知機能など、多彩な機能を搭載しています。

注意点

価格:多機能なため、他のエントリーモデルに比べて価格が高めです。

ストレージ:最大128GBのmicroSDカード対応ですが、長時間のフルHD録画では容量不足になる場合があります。

ディスプレイサイズ:2.4インチの液晶ディスプレイはやや小さく、視認性に欠ける場合があります。

バッテリー:駐車監視機能を使用する場合、車両バッテリーの消耗が気になります。

初期設定:多機能であるがゆえに、最初の設定に時間がかかることがあります。

良い口コミ

取付けもシガーソケットからなので複雑な作業は必要なく容易であること、使用して半年以上たちましたが今のところ何の不具合も無いので良かったです。」(男性、30代)

小さな本体にGPS内蔵、16GBカード、別にリアカメラもコードクリップまで付属でこのコスパ。しかも画質もしっかりナンバー確認ができ、LED信号にも対応している。私は趣味で撮影などもしていますが色味もビデオカメラと変わらないレベルで綺麗です。」(女性、40代)

外観デザインは良い。これ以上スタイリッシュなドラレコは見たことがない。」(男性、50代)

画面は少し小さいが、映像はしっかりしています。小さい分取り付け場所も小さく邪魔しないなのでフロントも視やすい。」(女性、30代)

この機能のHP製品が1万を切る価格ならお買い得と思い購入。やはりGPSは必須です。これまで使用していた中華製品にくらべるとコンパクトでつくりに高級感あり。リアの映像も綺麗。」(男性、40代)

気になる口コミ

普通はミニSDカードがいっぱいになると順次上書きしていくものですがこれはなぜかしないのです。SDカードがいっぱいになるとその都度アラームが鳴り初期化する必要があります。」(女性、20代)

「フルHD録画は良いけれど、長時間録画するとSDカードの容量がすぐにいっぱいになります。」(男性、30代)

「ディスプレイが小さく、映像の確認が少し見づらいです。」(男性、50代)

「駐車監視機能を使うと、バッテリーの消耗が気になります。」(女性、40代)

「多機能であるがゆえに、最初の設定に時間がかかりました。」(男性、20代)

⑤MAXWIN(マックスウィン) MDR-C012B

商品スペック

MAXWIN(マックスウィン)のMDR-C012Bは、高機能かつコストパフォーマンスに優れたドライブレコーダーです。以下が主なスペックです。

カメラ解像度:フルHD(1920×1080)

視野角:対角150度

録画機能:ループ録画、Gセンサー搭載、駐車監視機能

ストレージ:最大128GBのmicroSDカード対応

ディスプレイ:3.0インチ液晶ディスプレイ

接続機能:Wi-Fi内蔵

その他:WDR機能、動体検知機能、ナイトビジョン

魅力

MAXWIN MDR-C012Bの最大の魅力は、その高いコストパフォーマンスと使いやすさにあります。フルHD解像度のカメラにより、昼夜問わず鮮明な映像を記録します。対角150度の広視野角を持ち、道路全体をカバーすることができます。さらに、WDR機能とナイトビジョンにより、逆光や暗所でもクリアな映像を提供します。Wi-Fi内蔵でスマートフォンとの連携も可能です。

特に人気の性能や使い勝手など

MDR-C012Bは、その使いやすさと多機能性で特に人気です。3.0インチの液晶ディスプレイは操作が直感的で、録画映像の確認や設定の変更が容易です。Wi-Fi接続により、スマートフォンでリアルタイムに映像を確認することができます。また、駐車監視機能や動体検知機能により、駐車中のトラブルも確実に記録できます。

優れた点

高画質録画:フルHDの解像度で、鮮明な映像を提供します。

広視野角:対角150度の視野角により、広範囲の映像をカバーします。

WDR機能:逆光や夜間でもクリアな映像を記録できます。

Wi-Fi内蔵:スマートフォンとの連携が可能で、リアルタイムに映像を確認できます。

多機能:ループ録画、Gセンサー、駐車監視機能、動体検知機能など、多彩な機能を搭載しています。

注意点

価格:多機能なため、他のエントリーモデルに比べて価格が高めです。

ストレージ:最大128GBのmicroSDカード対応ですが、長時間のフルHD録画では容量不足になる場合があります。

バッテリー:駐車監視機能を使用する場合、車両バッテリーの消耗が気になります。

初期設定:多機能であるがゆえに、最初の設定に時間がかかることがあります。

ディスプレイサイズ:3.0インチの液晶ディスプレイはやや大きめで、設置場所を選ぶ場合があります。

良い口コミ

「映像が非常にクリアで、夜間でもしっかりと録画できるのが良いです。」(男性、30代)

まずミラー型ドラレコとしてはかなり安い。ぶっちゃけ心配になるくらい安い。ただ性能は値段よりいい性能と感じました。リアカメラ補正が特に良くて後ろの車のナンバーは当たり前でどんな人が乗っててあくびしたかどうかまで見えました。」(女性、40代)

値段が値段なのであまり期待はしていなかったですが、なかなか良いドラレコです。リアカメラは車外に取り付けしましたが、昼も夜も写りはかなり良いと思います。」(男性、50代)

リアルタイムでズームでき設定を固定できるので、私は7倍ズームで使っている。視野は少し減るが距離感が掴みやすいし、視野が減っても鏡よりもずっと広い。」(女性、30代)

夜間の防眩機能はそこそこ満足。前後とも画質はきれいで値段も納得です。」(男性、40代)

気になる口コミ

この商品はワンタッチで視野角2種類切り替えられるので、一般道・高速道路と使い分けができるのがいい。気になる点はミラーからのケーブルがL字なので、少し見栄えが悪くなる、バックモニター用ケーブルの心線が少々剥き出しだったぐらい。」(女性、20代)

画面はとても綺麗で色合いも良くバランスの取れた商品ですが、如何せんUSB端子がmicroUSBで、しかも電源ケーブルの端子の向きが、ミラーに向かって右向きに挿すため端子がL字なので電源ケーブルだけほかの端子と逆向きになるのでカッコ悪いです。」(男性、30代)

「初期設定が少し面倒で、慣れるまでに時間がかかりました。」(男性、50代)

「駐車監視機能を使うと、バッテリーの消耗が気になります。」(女性、40代)

「3.0インチのディスプレイが大きく、設置場所に困ることがありました。」(男性、20代)

まとめ

ドライブレコーダーは、安全運転のパートナーとして車載される重要なデバイスです。本記事では、2024年最新のおすすめドライブレコーダー5選を紹介しました。各モデルは高性能なカメラ解像度、広視野角、便利な機能を備え、日常の運転や駐車時の安全をサポートします。

選ぶ際のポイントとして、自身の運転環境やニーズに合った機能を重視し、価格と性能のバランスを考慮することが重要です。特に、駐車監視機能や夜間撮影の品質、操作の簡便さなどは、長期的な使用において大きな違いをもたらします。

最後に、購入前には複数の口コミや評価を参考にすることもお勧めします。この記事が、皆さんが後悔することなく最適なドライブレコーダーを選ぶ手助けになれば幸いです。

スポンサーリンク

Amaviserイチオシ!自動車保険を見直してドライブレコーダー代金を浮かせよう!

車の事故への備えとして、ドライブレコーダーの他に重要な自動車保険、こちらもできる限り費用は抑えたいものですが、なかなか時間が取れずに見直しができない方は多いのではないでしょうか?


自動車保険は保険会社によって同じ車でも年間保険料が1万円以上も変わってくることもあり、もしかすると今回お探しのドライブレコーダーの出費分をカバーできてしまうかも知れません。


そこでみなさんにお伝えしたいのが、複数社の自動車保険の見積もりがとれる無料の自動車保険一括見積もりサービス「インズウェブ」をご紹介したいと思います。




自動車保険比較サイトを使うメリットは、見積もりに必要な情報の入力が一回で済み、最安値の会社がすぐにわかることです。


自動車保険の見積は記入する情報が多く、1社ずつ見積もりを取るのはかなり労力がかかるため、それが1度で済むのは便利な点です。


また、煩わしい営業電話もかかってきませんというのも、保険募集に関する営業電話は法律で規制されており、特別な免許を持っている人しかできない行為となるためです。しかしながらメールでの案内は送られて来るため、不要であれば配信停止の手続きが必要となってきます。


そして、運営会社が東証一部上場企業のSBIホールディングス株式会社のため、個人情報の管理も信頼できます。


無料使えるサービスのため、とりあえず見積もりだけ取ってみてドライブレコーダー分の出費をカバーできるか確認してみると良いかもしれません


タイトルとURLをコピーしました