中国優良企業が保有?Beexcellentについて調べてみた

Beexcellent の会社概要ホームページ

みなさん、こんにちは。

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

 

今回は、ゲーミングヘッドセットを中心に、高品質なオーディオ機器を生産してる中国のブランド「Beexcellent」に注目してみました。読み方は「ビーエクセレント」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Beexcellentの会社概要

企業名:东莞市酷弦电子科技有限公司

(Dongguan Kotion Electronics co.,Ltd)

所在地:东莞市横沥镇三江工业区35栋二楼

設立:2010年7月27日(ホームページ上は2006年)

代表:周裕志

資本金:100万(元)

従業員数:約350名

ブランドホームページ:http://www.mybeexcellent.com

問い合わせ先

電話:0769-86729008 (中国)

メール:wuzhiqiang@kotion.cc

Amazon正規販売店:Beexcellent Direct

日本代理店・店舗:無し

 

ブランドの保有会社は東京ドーム4個分もの土地を保有

Beexcellent の会社概要ホームページ

出典:http://www.mybeexcellent.com

Beexcellentは、中国の东莞市にある东莞市酷弦电子科技有限公司(以下、酷弦电子)が保有する、ゲーミングヘッドセットをメインに扱っているメーカーです。

 

酷弦电子の設立は2006年*。業歴が10年を超えている企業です。

 

自社の保有敷地は80,000平方メートル(東京ドーム4個分)あり、資本金は100,000人民元(1500万円強)、従業員は350名です。

Beexcellentの会社概要ホームページ3

出典:http://www.mybeexcellent.com/page47

また、同社はBeexcellentの他に、同じくゲーミングヘッドセットに強いブランド「KOTION EACH」(読み方はコーションイーチ)も保有しています。

中国で公開されている企業信用スコアがAnkerの親会社と同等

Beexcellent の評判・信用

中国ではECサイトで有名なアリババが運用している、企業の信用度をスコア化するサービスの「芝麻信用」が普及しており、各企業の信用がグレードが決められて、インターネット上で公開されています。

 

グレードは高い順からAAA、AA、A、BBB、BBとなっていて、酷弦电子は「AA」と上位のグレードがつけられています。

 

モバイルバッテリーなどで有名な中国の企業ANKERの親会社(ANKER INOVATIONS)も同じく「AA」がついていることからも、同社の信用度は高いと言えるでしょう。

 

 

マーケティング本部を新設し、世界への販路拡大を図る

会社ホームページによると、近年の酷弦电子の年間売上高成長率は300%を超えており、大きく発展しています。製品を輸出している国は世界145カ国以上にのぼっているとのことです。

 

また2017年には、マーケティングに特化した部門を深センに設置し、グローバルなマーケティング活動に注力していることから、今後さらなる成長が期待できそうです。

スポンサーリンク

Beexcellentの商品レビュー・評価まとめ

これまではBeexcellentを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品の評判を見ていきたいと思います。

アメリカのアマゾンでのレビューも引き合いに出しながら、紹介していきます。

Beexcellent ゲーミングヘッドセット GM-1の評価

2017年モデルのゲーミングヘッドセット「GM-1」です。

レビューが148件あり、全体平均は★4.4で、★5と★4の合計が86%と非常に評価の高い商品です。(2018年9月10日時点)

高い評価では「音質がいい」「つけ心地がよく長時間装着していても疲れない」「マイクの感度がいい」といったコメントが多くみられました。

一方、低い評価では、件数は少ないものの「ノイズが入る」「最初から片耳が聞こえない」などの初期不良の報告がありました。

 

また、アメリカのAmazonでも、レビューは209件、全体平均は★4.1、★5と★4の合計は76%あり、高評価のコメントも多いのですが、★1が16%あるのが少し気になりました。(2018年9月10日)

低いレビューでは「使い始めはとてもよかったのだが、数週間で音が出なくなった」などのコメントが目立ちました。

 

おおむね高評価であり、ゲーム用のヘッドセットとしては、価格と性能のバランスが取れた商品という印象を受けましたが、購入を検討する際には、アメリカでは故障に関するレビューが報告されている、ということを頭に入れておいた方がいいかもしれません。

Beexcellent ゲーミングヘッドセット GM-100の評価

2018年の最新版のゲーミングヘッドセット「GM-100」です。

この商品について日本のAmazonではレビューが8件しかありませんでした。全体平均は★3.9です。(2018年9月10日時点)

 

アメリカでは87件のレビューがあるので、こちらのコメントをご紹介します。

全体平均は★4.4、★5と★4の合計は87%でした。(2018年9月10日時点)

 

高評価のレビューでは「音質がいい」「イヤーパッドの肌触りがよく、装着していて疲れない」というコメントが多くありました。

低評価では、「PS4やXboxでは正常に動作しない」といった不具合のコメントがいくつか見られたため、PS4やXboxでの使用時には不安がありますが、パソコンで使用するにはおすすめできる商品であると思いました。

なお、2017年モデルとの違いについて、ブランドホームページやAmazonの商品ページ内で明記されていなかったのではっきりわからなかったのですが、日本のレビューの中に「ケーブルがビニールから布巻になった」「イヤーパッドがメッシュになった」といったコメントがあったことから、「コードの耐久性が高くなったこと」「イヤーパッドの通気性がよくなったこと」が2017年モデルからの改良点と思われます。

Beexcellentのおすすめ度(5段階中)

★★★★☆(4/5)

今回は「Beexcellent」を調べてみましたが、Beexcellentを保有している东莞市酷弦电子科技有限公司が年間売上高成長率300%と急成長している」「従業員350名」「東京ドーム4個分の広い土地を保有している」ことから、経営の良好な中国企業のオリジナルブランドといった印象を受けました。

 

また、設立13年目であることや、アリババの信用スコアで「AA」のランクがつけられていることからも企業の信用度は高く、さらに、2017年にグローバルマーケティングに特化した部門を設立していることからも、今後、世界での存在感を増していくブランドになる可能性があると感じ、スコアは「4」としました。

 

商品については、日本やアメリカでも不具合の報告はあるものの、お手頃な価格と品質のバランスが取れており、高評価となっているので、ゲーミングヘッドセットの購入を考えている方は、候補の一つにしてもいいのではないかと思います。

*酷弦电子の設立年が、会社ホームページでは「2006年」となっているのに対し、信用サイトでは「2010年」と相違していました。相違の理由はわかりませんが、創業した年と設立した年に違いがあるのか、もしくは前身の会社があったのかもしれません。