プロジェクターが評判のBOMAKERについて調べてみた

BOMAKERの会社ホームページ

みなさん、こんにちは。

 

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

 

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

 

今回はプロジェクターを中心に販売している「BOMAKER」(読み方はボメーカー)について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

BOMAKERの会社概要

企業名:广东省宏博伟智技术有限公司

所在地:深圳市龙岗区坂田街道环城南路5号坂田国际中心D栋801

設立:2015年5月25日(企查查では2017年11月10日)

代表:熊博

資本金:1000万人民币

ブランドホームページ:https://www.bomaker.com/

会社ホームページ:http://www.substanbo.cn/

問い合わせ先 

メール:support@goobangdoo.com

電話:不明

Amazon正規販売店:GooBang Doo JP

中国深圳市の中小企業のブランド

BOMAKERの会社ホームページ

出典:https://www.bomaker.com/

BOMAKERプロジェクターなどを中心に扱っている中国のブランドです。

 

中国深圳市にある广东省宏博伟智技术有限公司が、BOMAKERの商品の販売をしています。(日本での商標は子会社の深圳市盈缩科技有限公司が保有)

 

企業情報サイト(企查查)によると、同社は資本金が1000万人民币(1億8000万円)のプロジェクターなどの電子機器製品の製造・販売業を主に営む大企業です。

 

 

同社のオフィスは、以下の写真の建物となっており、深圳市内の商業ビルの一室にあります。

BOMAKER保有会社の所在地

出典:https://map.baidu.com/

 

非常に早い成長・自社の研究開発センターも保有

ブランドホームページとは別に会社ホームページがありました。

BOMAKERの会社ホームページ

出典:http://www.substanbo.cn/

 

こちらの情報によると、同社は2015年に深圳市に設立された、一般消費者向け電子機器の販売を行っている新興企業です。

BOMAKERの会社ホームページ

出典:http://www.substanbo.cn/

アメリカ、カナダ、香港等に100%出資の子会社を保有しており、アメリカとカナダでは、自社倉庫を持ち、独自の配送ルートを確立しています。

 

企業の戦略としては、複数の商品カテゴリ、販売プラットフォーム、ブランド展開を戦略としています。主にAmazonなどのECプラットフォームを利用し、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、中東、日本など世界各地へ向けて販売をしています。

 

2015年の設立以降、非常に早いスピードで成長しており、2018年にはスマートホームと、映像機器関連の自社の研究センターを設立しているとのことです。

 

新興企業ではありながらも、昨今のプラットフォームを中心としたEコマースビジネスの波に乗り、短期間で大きく会社を成長させた勢いのある企業と言えそうです。

スポンサーリンク

BOMAKERの商品レビュー・評価まとめ

これまではBOMAKERを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品のレビューについてみていきます。

Amazonやらせレビュー検出ツールのReviewMetaでのスクリーニング後と比較していきます。

BOMAKER プロジェクター 4000lm GC555

日本では146件のレビューがあり、全体平均は★4.3と評価の高い商品でした。(2019年12月12日現在)

 

ReviewMetaの結果はこちら

BOMAKERのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07MZQ9CCC

 

また、信用できるレビューとそうでないレビューは下記のように検出されました。

BOMAKERのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07MZQ9CCC

 

 

なお、当商品には24ヶ月の製品保証が付いていますので、不具合のあった場合に、返金・交換等の対応を受けることが可能です。

BOMAKER プロジェクター 6000lm Parrot Ⅰ

日本では63件のレビューがあり、全体平均は★4.5とこちらも評価の高い商品でした。(2019年12月12日現在)

 

ReviewMetaの結果はこちら

BOMAKERのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07YBRHJ2M

 

また、信用できるレビューとそうでないレビューは下記のように検出されました。

BOMAKERのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07YBRHJ2M

 

なお、当商品にも24ヶ月の製品保証が付いていますので、不具合のあった場合に、返金・交換等の対応を受けることが可能です。

BOMAKERのおすすめ度(5段階中)

★★★☆☆(3/5)

※おすすめ度の見方についてはこちら:Amaviserのおすすめ度について

今回は「BOMAKER」を調べてみましたが、中国深圳市に本拠地を置く、プロジェクターなどの電子機器製品の製造・販売業に力を入れる大企業のブランドでした。

 

2015年に設立された企業ではありますが、急激に成長をしており、アメリカやカナダに自社倉庫をもつような大企業のブランドです。

 

2018年に自社の研究開発センターを設立しており、今後の商品の品質の向上にも期待ができます。

 

しかしながら、現時点での商品レビューに目を通したところ、あまり他の一般的な中華ブランドの品質と変わりない印象を受けました。

 

今後の動向が気になるブランドではありますが、現時点では★3としました。

 

また、プロジェクターをお探しであれば、以前に紹介したAUKEYの子会社で代表者が特許保有者であるApemanや、中国上場企業の子会社のブランドであるDBPOWERも比較対象にしてみるかと良いかと思います。

人気ドライブレコーダーメーカーApemanって?信頼できる?
Amazonで評価の高い「Apeman」というメーカー。聞いたことがないブランドなのに、なぜこんなに良い評価なのか、その謎に迫ってみました。
中華系電化製品ブランドのDBPOWERは大企業の子会社だった!
プロジェクターやDVDプレーヤー、ドローンのブランドのDBPOWER。無名な中華ブランドかと思いきや、実は中国の大企業が保有するある程度信用ができそうなブランドでした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました