目下成長中!?新進気鋭の中華スマホメーカーUMIDIGIとは?

UMIDIGIの会社ホームページ

みなさん、こんにちは。

 

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

 

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

 

今回は最近話題となっている、スマホブランドの「UMIDIGI」(読み方はユミディジ)について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

UMIDIGIの会社概要

企業名:深圳优米智能科技有限公司

所在地:广东省深圳市南山区桃源街道福光社区塘岭路1号崇文花园4号办公楼4层406、407房

設立:2017年3月9日

代表:张维

資本金:300万人民币

ブランドホームページ:https://www.umidigi.com/

問い合わせ先 

メール:support@umidigi.com

Amazon正規販売店:UMIDIGI日本公式ショップ

中国深圳市のスマホメーカー

UMIDIGIの会社ホームページ

出典:https://www.umidigi.com/

UMIDIGIアンドロイドスマホなどを中心に扱っている中国のブランドです。

 

中国深圳市にある深圳优米智能科技有限公司がUMIDIGIの商品の製造・販売をおこなっています。

 

企業情報サイト(企查查)によると、同社は資本金が300万人民币(5400万円)のスマートフォンやスマートウォッチなどの電子機器の研究開発、製造、販売を主に営む中小企業です。

 

また、求人情報サイト(前程无忧)によると、同社の従業員の規模は50人~150人程とのことでした。

 

 

創業は2012年・世界20カ国以上で販売

ブランドホームページによると、UMIDIGIは前身となるUMIブランドを2012年2月に立ち上げ、同年7月に最初の製品をリリース、以後2017年よりUMIDIGIとブランド名を変更し現在に至ります。

 

 

UMIDIGIのこれまで

出典:https://www.umidigi.com

 

 

現在は世界20カ国以上の国家で販売をしており、スペイン、チェコ、トルコ、ブラジル、エクアドル、タイ、バングラデシュなど、経済規模は大きくは無いけれども、ある程度の購買力が高そうな国、今後伸びそうな国を主にターゲットにしていることが伺えます。

 

 

UMIDIGIの販売国家出典:https://www.umidigi.com

 

 

Facebookは50万人以上のフォロワー(記事執筆時点では100万人超え)、20万人以上のYoutubeチャンネル登録61万以上のフォーラムメンバーを抱えており、着実にファンの数を増やしてきています。

 

 

UMIDIGIのファン数出典:https://www.umidigi.com

 

求人を積極採用・若い世代の社員が中心に活躍

中国の求人募集サイトの前程无忧上の同社のページを見てみると、UMIDIGIの従業員の平均年齢は27歳以下という若い人員構成で、年間の売上規模は2億5000万元(約45億円)ほどの規模となっています。(何年の売上実績かは不明)

 

サイト上の求職者に対するアピール文では、モチベーションの高い若い人材を刺激するような、「会社がほしいと思うような人材であれば、業界水準の1.5倍の給料を払うことを厭わない」といったような文言が書かれていたり、「3ヶ月の試用期間を超えた人だけが社員になれる。凡庸な従業員はいらない」といった文面が記載されており、人材の採用に力を入れていることが伺えます。

 

また、募集している求人のポジションが多岐に渡り、日本アマゾン担当や日本でのマーケティングポジションも募集されていることから、今後も日本向けにサービスを提供し続けていくのではないかと予想されます。

 

UMIDIGIの求人一覧

出典:https://jobs.51job.com/

中国の企業信用スコアでA

中国では、企業の信用度をスコア化する「芝麻信用」というサービスが普及しています。

 

これは、ECサイトで有名なアリババが運用していて、各企業の信用がグレードで決められており、インターネット上で公開されています。

 

グレードは高い順からAAA、AA、A、BBB、BBとなっており、深圳优米智能科技有限公司は「A」のグレードがつけられています。(2019年11月4日現在)

UMIDIGIの企業信用スコア

出典:https://xinyong.1688.com/credit/

 

スマホの製造・販売を行う企業なので、AAくらいかなと思いましたが、意外にもAの評価でした。

 

業界の割には資本金が小さいことや、創業は7年ですが企業単体としてみたときはまだ2年ほど(当記事執筆時)と短いことが影響してるものと思われます。

スポンサーリンク

UMIDIGIの商品レビュー・評価まとめ

これまではUMIDIGIを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品のレビューについてみていきます。

 

Amazonやらせレビュー検出ツールのReviewMetaでのスクリーニング後と比較していきます。

 

UMIDIGI UMIDIGI A5 Pro

日本では148件のレビューがあり、全体平均は★3.6、★1と★2の合計は24%とあまり評価の良くない商品でした。(2019年11月4日現在)

 

ReviewMetaの結果はこちら

UMIDIGIのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07THT7T6W

 

やらせのレビューでの補正は入らず、Amazonで表示されている評価そのままでした。評価は変わらずでしたが、信用できるレビューとそうでないレビューがそれぞれ下記のように検出されました。

UMIDIGIのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07THT7T6W

UMIDIGI UMIDIGI X

日本では55件のレビューがあり、全体平均は★4、★1と★2の合計は11%とそこそこ良い評価の商品でした。(2019年11月4日現在)

 

ReviewMetaの結果はこちら

UMIDIGIのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07Y65LFYT

 

また、信用できるレビューとそうでないレビューは下記のように検出されました。

UMIDIGIのReviewMeta結果

出典:https://reviewmeta.com/amazon-jp/B07Y65LFYT

UMIDIGIのおすすめ度(5段階中)

★★★★☆(4/5)

※おすすめ度の見方についてはこちら:Amaviserのおすすめ度について

今回は「UMIDIGI」を調べてみましたが、中国深圳市に本拠地を置く新興企業のスマホメーカーでした。

 

リサーチをしてみて、自社で製品の研究開発を行い、世界20カ国で販売、目下急成長中で、人材も積極的に採用募集を掛けて今後もどんどんと世界で存在感を強めていくブランドなのではないかと感じました。

 

製品のクオリティに関しては、レビューを見るところまだまだ改善の余地が多そうではありますが、若い世代の社員を中心とした企業であるがゆえに、これからの成長が楽しみなブランドです。

 

個人的には、現代段階ではメインのスマホとしては厳しいかもしれませんが、サブ機として購入するにはいいのではないかと感じます。

 

上記の内容を総合的に判断し今後に期待して、★4としました。