ポータブルゲーム機で最近よく見るWhatskoって?評判は?

Whatsko保有会社の所在地

みなさん、こんにちは。

 

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

 

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

 

今回はポータブルゲーム機を中心に販売している「Whatsko」(読み方は不明)について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Whatskoの会社概要

企業名:广州华卡信息科技有限公司

所在地:广州市白云区黄石街广云路29号云商易城B222室

設立:2015年4月23日

代表:李斌

資本金:200万人民币

ブランドホームページ:不明

問い合わせ先 

メール:不明

電話:不明

Amazon正規販売店:Whatsko

中国深圳市の中小企業のブランド

Whatskoポータブルゲーム機などを中心に扱っている中国のブランドです。

 

中国广州市にある广州华卡信息科技有限公司が商標を保有し、Whatskoの商品の販売をしています。

 

企業情報サイト(阿里巴巴企业诚信体系)によると、同社は資本金が200万人民币(3600万円)のゲーム機等の電子機器製品の製造・販売を主に営む中小企業です。

 

なお、同社の業歴は4年以上で、業界の中では新興企業といえます。

 

同社のオフィスは、以下の写真の場所となっており、广州市の中心地から少し離れた商業施設が並ぶエリアのの建物の1室にあります。

Whatsko保有会社の所在地

出典:https://map.baidu.com/

 

また、中国の企業情報サイト、顺企网によると、同社は他にも6つの商標を中国国内に取得しており、自動車修理業も営んでいるようでした。

 

スポンサーリンク

Whatskoの商品レビュー・評価まとめ

これまではWhatskoを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品の評判を見ていきたいと思います。

Whatsko Whatsko記念版 ポータブルゲーム機 Open Source Linuxシステム搭載

日本では7件のレビューがあり、全体平均は★3、★1と★2の合計は41%と評価が良くない商品でした。(2019年10月30日現在)

 

低評価のレビューには「ゲームの起動方法がわからない」「スーファミやGBAのゲームの動きが悪い」などのコメントが見られました。また、データが消えてしまうというようなコメントもあり、おそらくはこういったゲーム機に慣れている玄人向けの製品なのではないかと思われます。

 

レビューを全体的に眺めたところ、記事執筆時点ではヤラセレビューのようなものはありませんでした。

Whatsko Whatsko ポータブルゲーム機 LDK二代目 Open Source Linux適化版システム搭載

日本では14件のレビューがあり、全体平均は★3.3、★1と★2の合計は30%とこちらも評価の悪い商品でした。(2019年10月30日現在)

 

低評価のレビューには「日本語に対応していない」「ゲームアイコンがなく使い方がわからない」などのコメントがありました。

 

やはりこちらも上級者向け端末のようです。

 

こちらもレビューを全体的に眺めたところ、記事執筆時点ではヤラセレビューのようなものはありませんでした。

Whatskoのおすすめ度(5段階中)

★★★☆☆(3/5)

※おすすめ度の見方についてはこちら:Amaviserのおすすめ度について

今回は「Whatsko」を調べてみましたが、中国广州市に本拠地を置く、ポータブルゲーム機等の販売に力を入れる中小企業のブランドでした。

 

リサーチをしてみて、会社の情報は不明点が多く正直なところ良し悪しの判断ができませんでした。

 

商品のレビューは、すぐに壊れる等のコメントはそこまで多くはなく、当記事執筆時点では、やらせレビューのようなものはなかったため、スペックとAmazon上のレビューを読んで購入しても良いと思えれば、買ってしまっても良いブランドなのではないかなと思いました。

 

また、商品そのものが玄人向けのものなので、日本語に対応していない点等は自身で解決できる人にに向いているようです。

 

上記の内容を総合的に判断し、今回は★3としました。