ワイヤレスイヤホンの評価が高いEonfineについて調べてみた

EONFINE運営会社実際の所在地
EONFINE運営会社実際の所在地

みなさん、こんにちは。

 

世界4カ国のAmazonで販売しているEC事業者のAmaviser管理人です。

 

英語と中国語に堪能、5年以上のAmazonマーケットプレイスでの販売経験を活かし、みなさんのAmazonショッピングの手助けとなる情報を発信しています。

 

今回はBluetoothイヤホンを中心に販売している「Eonfine」(読み方はイオンファイン)について調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Eonfineの会社概要

企業名:深圳市酷美达科技有限公司

所在地:深圳市宝安区西乡街道柳竹社区华侨新村西堤一巷26-28号1309室

設立:2014年11月27日

代表:邓辉勇

資本金:50万人民币

ブランドホームページ:http://www.eonfines.com(準備中)

問い合わせ先 

メール:2461694061@qq.com

Amazon正規販売店:EonfineDirect JP

設立約5年の中国深センの中小企業

 

EonfineBluetoothイヤホンなどを中心に扱っている中国のブランドです。

 

中国深圳にある深圳市酷美达科技有限公司が商標を保有し、Eonfineの商品の販売をしています。

 

企業情報サイト(天眼查)によると、同社は資本金が50万人民币(約750万円)のブルートゥースイヤホンやスマホ関連のアクセサリー類の研究開発・販売業を主に営む中小企業です。

 

また、求人情報サイト(顺企网)によると、同社の従業員は約20人とのことでした。

 

なお、同社の業歴は5年で、業界の中では中堅の企業といえます。

同社の会社所在を調べたところ、会社情報にある住所は下の写真のホテルの一室になっており、実際に営業活動が行われている場所は違うようでした。

 

EONFINE運営会社登記上の所在地

EONFINE運営会社登記上の所在地

出典:https://map.baidu.com/

こちらの、智联招聘というサイトに別の住所が示されており、深圳の工場地区にある喜来喜科技という企業の建物の2階部分で実際には企業として活動しているようです。

EONFINE運営会社実際の所在地

EONFINE運営会社実際の所在地

出典:https://map.baidu.com/

ちゃんとした工場エリアに拠点を構えて、他の多くの零細中国ブランドとは異なり、自社で商品の研究開発から販売までを一貫で行っている点が評価できます。

中国の企業信用スコアでA

 

中国では、企業の信用度をスコア化する「芝麻信用」というサービスが普及しています。

これは、ECサイトで有名なアリババが運用していて、各企業の信用がグレードで決められており、インターネット上で公開されています。

 

グレードは高い順からAAA、AA、A、BBB、BBとなっており、深圳市酷美达科技有限公司は「A」のグレードがつけられています。(2019年8月11日現在)

EONFINE運営会社の信用スコア

出典:https://xinyong.1688.com/credit

設立から5年でA評価の企業はあまり今まであまり見られなかったことから、業績も好調で対外的にも信用度の高い企業なのではないかと考えられます。

 

業績好調で社員を大量募集?

 

同社の企業名を検索してみると、中国の求人サイトの募集ページを良く見かけました。

大体どのサイトでも5~6ポジション募集しており、日本Amazonの販売担当ポジションもあることから、今後も日本市場に力を入れていきたいのではないかと予想できます。

 

ホームページもドメインは取っているようですが、開いてみるとまだ準備中のようで、こういった点からも、人手不足が伺えます。

 

また、募集中ポジションの中に電子タバコの設計技術者があり、今後は電子タバコの分野にも手を広げていくのではないかと考えられます。

 

スポンサーリンク

Eonfineの商品レビュー・評価まとめ

これまではEonfineを運営する会社について見ていきましたが、次に代表的な商品の評判を見ていきたいと思います。

 

Eonfine 完全防水Bluetoothイヤホン X8

日本では287件のレビューがあり、全体平均は★4.6、★1と★2の合計は4%とかなり評価の高い製品です。(2019年8月11日現在)

 

「値段の割に音質が良い」「イヤーパッドが大、中、小と含まれている」なことなどが人気のBluetooth完全ワイヤレスイヤホンです。

 

低評価のレビューには「説明書の日本語が分かりづらい」「音と映像がずれる」「低音が弱い」などのコメントがありました。

特にペアリング部分での難しさのコメントが多かったため、一度別で完全ワイヤレスイヤフォンを使ったことがある方に向いているのではないかと思います。

なお、当商品には1年間の製品保証が付いていますので、不具合のあった場合に、返金・交換等の対応を受けることが可能です。

Eonfine 完全ワイヤレスイヤホン

日本では119件のレビューがあり、全体平均は★3.8、★1と★2の合計は21%とかなり評価の高い商品でした。(2019年8月11日現在)

 

「コンパクトさ」「フィット感の良さ」「持ち運びやすい」なことなどが人気のBluetooth完全ワイヤレスイヤホンです。

 

低評価のレビューには「動画と音がずれる」「低音が弱い」「ノイズが聞こえる」などのコメントがありました。

 

なお、当商品にも1年間の製品保証が付いていますので、不具合のあった場合に、返金・交換等の対応を受けることが可能です。

Eonfineのおすすめ度(5段階中)

★★★★☆(4/5)

今回は「Eonfine」を調べてみましたが、中国深圳に本拠地を置く、Bluetoothイヤホン等の販売に力を入れる中小企業でした。

 

リサーチをしてみて、評価できる点としては、アリババの企業信用スコアでAを獲得、日本Amazon専任の従業員の募集をしている点が挙げられます。

 

一方で、実際の商品の評価が高く無いものもある、ホームページが整備されていないところがマイナス点です。

 

上記の内容を総合的に判断し、今後の伸びに期待をして★4の評価としました。

 

個人的には、ワイヤレスイヤホンを中華ブランドから買うのであれば、以前に★5評価をつけた下記ブランドの中から購入すると思います。

小米のグループ企業!?ワイヤレスイヤホンのHAYLOUとは?
実は小米のグループ企業だった!?アマゾンで評判の高いHAYLOUの完全ワイヤレスイヤホンに関して、英語・中国語の情報源がどんな企業か調べてみたら意外な事実がわかりました。
Bluetoothイヤホンで最近よく見るTaoTronics って?評判は?
アマゾンで評判の高いTaoTronics のBluetoothイヤホン。実はこのブランドはモバイルバッテリーで有名なRAVPowerとも大いに関係があります。その他、英語・中国語の情報源からTaoTronics の保有企業に関する情報を集めてみました!
商品に不満が少ない中国の優良ブランド?Tronsmartを調査!
USBケーブルやBluetoothスピーカーなど、小型電子機器をAmazonで探している際、Tronsmartというブランドを目にしたことはありませんか?日本語で検索しても情報が少ないTronsmartに関して、中国語と英語を使って調べました。
タイトルとURLをコピーしました